異様に魚っ気が無い



朝5時前に張り切って目を覚まし、日の出前に山ノ瀬へ。
今日は天気も良く風も控え目、夜明け前に干潮と、好条件である。

着くと駐車場には1台も車が無い、まだ薄暗い中を先へ進むと先端部はやはり無人、特等席と言われる西の鼻へ行ってみる。
さて、気合を入れてキャストを開始・・・するが全く反応無し、あれー?
なんだか全く食い気が感じられない、せっかくカンパチとかオボソ(スマ)あたりを期待して、朝早くから遠路遥々(?)来たんだぞ、何か出ろよ!

日が昇る頃、巻き終わり近くで、コツン、という小さなアタリが頻繁に出るようになるが、しかしどうやっても乗らない、何だろう。
というか、足元にアオウミガメが2匹いるのだが、その片方がめちゃくちゃデカい、甲長1メートル超えていそうだ、もうカメというよりガメラだろアレ。
たまに火の玉くらいは吐きそうだ、当たらないように気を付けねば。

そうしている内に、正面沖の離れ岩の右側で何かが跳ねたのが見えたので、60グラムのジグに替えてその辺目掛けてフルキャスト・・・したら着水と同時に魚が多数跳ねた、やべえ群れ直撃しちゃったらしいw
残念ながらアタリは無く、しかしそれ以降その辺がナブラ化、よっしゃこっちゃ来いと念を送るが、群れは岩の右向こうへ遠ざかる・・・。

ダツ やさぐれながらジグを投げ続けていると、また巻き終わり近くでコツンコツンが始まった。
その辺を、大げさフォールで何回か流してみると、ついにヒット! ダツがorz
しかもケツへのスレ掛かりである、本当に食い気無いな・・・。

諦めてルアーを外し帰る準備をしていると、右の入江になっている辺りで何かが動く、見るとデカい青物の群れが猛スピードで左へと泳いで行く。
再びガイドにラインを通すまでもなく、どう見ても手遅れ・・・まあ世の中こんなもんである。
なお私がいた2時間少々の間に、こんな釣り日和にも関わらず、誰一人として釣り人は来なかった。
しかし日が昇って間もなく、西側の小島魚待に3~4人の人が来ていた、その後まもなく、今度は渡船が来て西の浜の沖の岩に釣り人を降ろしていった。
更にその後、漁船が山ノ瀬と小島魚待の間を、かなり西の浜の方に入り込んで、ヒコーキを引きながら何度も回っていた。
更に私の帰り際、2人乗りの小さなモーターボートがやってきて、山ノ瀬の西角と小島魚待の中間地点あたりで釣りを始めた。

総合すると、どうやら山ノ瀬先端部ではなく、小島魚待寄り、それも少し岸寄りに魚の群れがいたらしい。
帰り道でやっとフカセの人とすれ違って少し話したが、「うーん、確かに今ここは潮が良くないからなあ」と言っていたが・・・ソウナンデスカ。

どうも山ノ瀬は、普通の潮がいい、悪いとは、別の基準があるようだ。
確かに潮が良さそうだと期待して来た時に、まともに釣れたことは無い気がする・・・。


夕方、湯泊港へちょっとだけ。

なんだか異様である・・・不気味な程の静かさなのだ、干潮、ベタ凪、無風なだけでなく、港に全く誰も来ないのだ。
普通なら夕方になると、今ならイカ釣りの人が何人かはいるのが普通だし、釣りでなくても港には多少の人の行き来はあるものだ、それが全くのゼロである。
おまけに温泉の方へも、ただの一人も行き来がない。
あまりの不気味さに、世間で何かあったのかとスマホでニュースをチェックしてみたが、そういうわけでもないらしい、どうなってやがる。

そして、魚の方も全く釣れる気が無い・・・アタリは皆無、チェイスも皆無。
一応夕暮れ時の潮上げだぞ・・・ここまで魚の反応が無いのはもはや不自然だ、今日は何がどうなっていたのやら。

前の釣行

食わせ損
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング