ダツしか釣れなんだ



昨夜は早く寝ようと思ったのに、何やかんや仕事が来て、結局終わったのは午前様だった。
さて、噂の強烈寒波が迫りメチャクチャ寒いにも関わらず、昨日のリベンジのために無理矢理早起きし、重ね着しまくって日の出前に湯泊港へ。

・・・寒い、寒過ぎる。

先端部に着く前に早くも後悔し始めたが、せっかく来たんだしせめて30分位は頑張ろうと、ルアーを付けてキャスト開始。
短時間勝負である、ただ投げても効率が悪そうなので、魚の居所を把握すべく目を皿にし耳をダンボにして、すぐに対処できるよう遠くには投げす、近場を探りながらナブラを待つ。
程なくアタリがあったがダツ、ぶっこ抜いて針外してさようなら、傷ついたリーダーを少し切り詰める、手が冷てえ・・・。

その後もナブラは起きず、探る範囲を広げていってみてもダツがもう1匹位釣れただけで、他の魚の反応なし。
結局小一時間程頑張って諦め、凍死しないうちに逃げ帰った。ちっ。

前の釣行

カンパチと思われる大物にまんまとやられる
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング