イルカショーを見て帰った



ここしばらく長雨と寒さで引きこもっていたのだが、ヨメさんが9:30から12:00まで陶芸教室に行くというので、教室へ送ってから山ノ瀬へ。

駐車場には車が1台だけ、曇り空で肌寒いがが比較的穏やかな風と波である、竿を下し、革ジャンにマフラーという妙ないでたちで先端へ。
途中で先客とすれ違い、聞くと「マツが1匹」とのことだった、マツって銀マツだろうからオオグチイシチビキかな、釣ったことないわい。

さて先端、人影無し。
地味に最先端部は初めてである、しかし先端まで遠いなここ・・・まあしかし、近所の磯や浦崎ようなアップダウンがほとんど無いのは幸いだ、浦崎なんて釣り場である前に崖だろアレ。

ともあれ用意をしてキャスト開始、初めての場所なので深さを探ってみると、全体的にやたら深い、82カウントってなんだおい・・・間違いかと思って3回投げたが3回とも80以上だった、マジっすか。
途中、足元近くで一度アタリがあり、小さな魚が乗るが途中でバレた、多分20センチくらいのハタかゴンベたんあたりだろう。
まあとにかく、そんな底を釣っても仕方がないので、25カウントを限度として実釣開始。

1時間経過・・・が、釣れん。
しかし一度40~50センチの赤っぽい魚がチェイスしてきたのと、乗らなかったがガツンとアタリがあった、反応があるのだから、いずれ何か掛かるだろ。たぶん。
それにしても何とも釣れそうな場所だ、いかにも大物が釣れそうな雰囲気が満々である・・・なるほどみんないつもこんな場所で釣ってるのかー、と妙に感心しつつキョロキョロしていると、正面沖の離れ瀬の左側の海面に、背ビレっぽいものが3つほど現れた。

一瞬サメかと思ったが背ビレの形が違う、ありゃイルカだな。
見ているとどんどん数が増え、ざっと数十頭、たぶん50頭以上が瀬のすぐ向こうを通過、瀬を過ぎた辺りでやや岸寄りに向きを変え、さらにジャンプやら1回転やらのイルカショーを開始、しばしショーを堪能。
やがて群れはそのまま浦崎方面へ向かっていった。
いいもの見せてはもらったが、こりゃあ釣れんだろうと諦めて撤収。

前の釣行

ナンヨウカイワリ釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング