魚はいないわけではない



なんだか天気がいいので、お昼前に磯へ様子見に。
干潮に合わせて行ったのだが結構波がある、先端まで行ってみるものの、こりゃあ潮が満ちてきたらマズいレベルかなー。

とにかく今の内にと、右から順にざっと全方向を、表層から底までを一通り探ってみるが、ダツのアタリさえ無い・・・マジっすか。
一度だけ足元近くで何か大きな魚がギラリと光り、見ていると海面近くまで浮上してきて泳ぎ去った、GTはまだいるようです・・・まあ今日のサイズのなんて、今のタックルでは絶対上げられん。

そうこうしている内に潮が満ちてきて波が足元まで来るようになってきたので、入り江の内側で地味に底物狙い、またハタでも釣れないかなー、と思うものの、本日はオジサンさえも遊んでくれない模様・・・完全ボウズである。
いつも入り江の奥の方にいるイカの姿さえ無く、諦めて帰宅。


家に戻って仕事をしていると、ヨメさんが、下のチビの迎えがてらに湯泊に散歩に行きたいと言い出した。
ホイホイと出掛け、ヨメとチビを砂利浜で降ろし、堤防先端へ行ってみるとH氏が釣っている、しかしダツのみとのこと。
見ると素潜りの人が堤防先端の沖で潜っていて、2人で感心して眺めていた。

結局それから1時間少々、うんともすんとも無し・・・本日2度目の完全ボウズ、あのGT以来、完全にスランプ状態だ。
H氏に「魚いないから帰りまーす」とか言って堤防を戻り、ヨメチビのいる浜へ迎えに行くと・・・なんと、さっきの素潜りの人が60センチ台のカンパチを4匹突いて戻っており、波打ち際で鱗落としをしていた。


・・・魚いるじゃん!
それも当面の目標のカンパチさんが!
しかも投げれば届く範囲内だよ!

ヨメ「あれー? お魚はいるようですねえw」
私「・・・くっ」


くそう、とりあえず少しルアーを買おう、ずっと買っていないので残りが少なくなっているし。
そしてなるべくこまめに来ることだな、日が短いので1回あたりの時間がどうしても短くなるものの、来ないと釣れないわけだし。

よし、とにかくカンパチだ、今月中に何とかヤツを釣って食うぞ!

前の釣行

ツイてないにも程がある
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング