ツムブリ釣れました



台風が南の海上にあり、その影響ですでに海はかなりうねりがあって、明日から数日は釣りは無理そうである。

投げる。引く。
何度か方向を変えたりして試してみるが、アタリなし。

そろそろ帰ろうかな、と、少し戻りつつ投げていたら・・・ファッ?
10mほど沖、右から青物の群れが侵入してきたのが見えた。

足元に来ていたルアーを急いで巻き上げつつ考える、今ついてるのはジグだけど、ルアー替えている時間は無いな。
その間にも群れは、目の前を結構な速さで左に進む。

キャスト体制を整えて、着水で群れを散らさないように、群れの前方に向かってジグを投げる。
着水、位置よし!
カウントダウン1秒、速引き、ストップ・・・ガツン!

来よった!
すかさず合わせをくらわせると、一瞬の後、
ジッ・・・ジィィーーーーーーーーーーーーーーーーー!
ドラグが鳴りはじめ、軽々と糸を出される。

えっえっ、高い場所から40gのジグ使ってたから、そこそこドラグ締めてた気がしたんだけどな?
竿を立ててひとまず踏ん張る。

ジィィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
お魚さん更に加速。

ちょっw
えらい勢いで左へ走る、止まらないぞおい!?
たぶんもう60~70mはライン出されたぞ、投げたのは30m位だからざっと100mか、ラインはせいぜい200mのはずだ。
スプールを見てもう少し様子を見ることにするが、しかし止まらない。

ジィィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
お魚さんトップギア。

おいおいおいおいおいおいw
止まれってw
Hey, Fish! Stop!

さすがにそろそろ何とかしないとやり取りの余地が無くなるのでまずい、切られるリスクを覚悟の上で、ドラグを少し締め増しするか?
・・・とか考えていたら走りが止まった!
引くとしっかり重さが掛かる、よし!
あふんあふんとポンピングを繰り返し、たぶん50~60m位寄せたはず。暑くなってきたので汗がふき出す。
向こうから人が2人歩いてきて、竿を曲げているこちらに気付いたおっちゃんが小走りで見にくる。
挨拶しつつ更にポンピングで寄せると、お魚さん休憩終了のようで再び左に走り出す。

ジィィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
再び竿を立ててやり過ごす、走らせながら、取り込みに備えてポケットから軍手を取り出し、装着。
しかし改めて判ったが、8m以上もある堤防の上からだと、下方向に力が向く分、大きな魚に走られるとどうにもならない、この点は明らかに磯からよりもシビアだな。

50m程ラインを出されたところで二段目の引きは終わり、再びポンピングで寄せる。
足元近くまで来てからもう一度走るものの10mも続かず、やっと力尽きたようなので、改めて足元まで寄せる。

魚の顔が見えた、ツムブリだ、結構でかい。
針は下顎にしっかり掛かっているようだ、よし。

更に少し弱らせてから竿を立ててラインを手で掴み、引き上げにかかる。
後から来た人が、ラインが持ちこたえられるかを心配したが、こうすることを想定したラインシステムにしてあるので大丈夫のはず、特に結び目はちょいとチートだぜ。
で、ゴリゴリとラインを手繰り寄せ、無事堤防の上に抜き上げた。確保!

ツムブリ いやー、Rainbow Runner の名に違わぬ走りを堪能させて頂きました、敬礼!
もうマジで結構疲れたので、2匹目は狙わず終了として、港の内側で〆て血抜き・内臓の処理までを済ませて帰ることに。
卵を持っており、産卵を控えていたためか丸々としていた。

帰ってから測ったところ、全長82cm、重さは判らないが、他の人の釣果からすると4キロ前後というところか。
ところで家に帰って魚を見せたら、ヨメの第一声が「え、すごい、誰に貰ったの?」だったわけだが、こいつは殴っていいっすか?

前の釣行

またまたアオヤガラ・・・
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング