コブシメ釣ったらカレーが黒い



えーざっと近況報告をば。

まあ普通にちょこちょこ釣りには行ってます、うん。

塚崎の浅瀬で遊んでたらまた40センチ近いコバンヒメジが釣れたり、海水浴場の横で夜釣りでフエダイ狙ってたらエイが爆釣(泣)したり、カワハギだかフグだかにハリス切られてムカついて、ハリスをワイヤーにしたらアタリが無くなって余計にムカついたりと、特に何事もないっすよ、うん。
なおコバンヒメジ氏はエラが傷ついてしまったので、やむなくお持ち帰り。

イカは、なんだか最近あまり釣れてなかった、というより一時ほとんど見かけなかった。
それでもまあ、いれば釣れるし、それなりに釣ってはいたんだけど。

最近のハイライトといえば、14日午前中の空き時間に、なんとなく湯泊港にイカでも引っ掛けようと行ってみたんだわ。
で、到着早々に普通に200グラムくらいのイカを2匹引っ掛け、あと2匹見えるからと狙っていたら、底近くで変なものが寄って来て、次の瞬間に小さなアタリがあり、フッキングしてみると重さが乗った。

で、割と重い、でも引かない・・・まあコブシメなわけっすよ、たぶん500~600グラムくらいかなー。
しかし網も無いし、結局抜き上げに入ろうかというところでバラしちゃったわけ、まあここまでならよくある話だ。
問題?なのは、その後3キャスト2ヒット位でコブシメが掛かり続け、毎回バラしてを8回繰り返したってことww

えーと・・・まさか同じ個体なのか?だとしたらバカにも程があるよなw
それとも何匹もいるのか?

うーむ、コブシメをはじめとしたコウイカ類って軟体動物の中で一番アタマがいいらしいんだが、俺の中でその評価が駄々下がりを開始したぞオイw
とにかく時間切れでひとまず撤収だ、長女を迎えに行かにゃ。

長女を回収&昼飯の後、ざーっと降り始めた雨が上がるのを待ち、再度湯泊港へ。
午前中の8連ポトンがほぼ最干潮時だったので、きっとまだ同じ場所にいるだろうと見込んでの再チャレンジである!

コブシメ 今度は落としダモを持って来た、同じ場所エギを投入する・・・と、1投目で掛かりよったぞなもし、本当に大丈夫かオマエwww

慎重に寄せて落としダメを使い、今度はあっさりキャッチ。
獲ったでヒャッハー!

さて、あと何匹いるのかなー、と投げてみると、フォール途中でちっこいアオリイカが掛かった・・・んー、食べ比べにちょうどいいし、持って帰るか。
ってことでごっつぁんです、でももうアオリイカ諸氏はお呼びでないぞ、すっこんでろー。
でもって3投目、底の方をチョンチョンと探るとまた重さが乗った、またコブシメだ、1匹ではなかったようだ。
しかし浮かせたところでバラした、しかし数投後に再び掛かってw、今度は無事GET。

その後は、いくらエギを替えつつアクションを替えつつ探っても、全く何の反応も無かった、2匹だっけだったのか?
ちなみに1匹目が570グラムで、2匹目が少し小さくて420グラムだった。
2匹で990グラムか・・・なんだか微妙な数字だなw

コブシメ君達は、まず刺身になり、次にカレーになったのだが、出来心でイカスミを2匹分ブチ込んでみたら、出来上がったカレーの色が漆黒どころか炭の如き艶消しブラック状態になっていて、鍋の中を見た娘達、揃ってドン引きw
しかし味の方は絶品で、恐る恐る口を付けた後は絶賛に変わり、挙句の果てにはお替りして食べていた。

刺身の方も、個人的にはコブシメとアオリイカは同評価だったりする・・・アオリイカちょっと甘過ぎるんだよ、甘い=旨い、じゃないんだよなー、あと、刺身の後味はコブシメの方がいいように思うんだ。

以前から、刺身以外の料理全般には、アオリイカよりも向いていると思っているんだが、もっと度々釣れんもんかなー。 

ってことで、普通に暢気にやってます。

前の釣行

フックびよーんorg
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング