色々大変だったw



朝起きたら栗生にでも行こうと思っていたのだが、早朝は雨が降っていたので二度寝。

8時過ぎに起きて、のんびり朝飯を食べていると、ヨメさんと次女が「いわさきホテルのプールに行く!」といって出掛けて行った・・・ってことで車が無くなった、はい。

長女はギターを弾いたりしつつゴロゴロしているようなので、久々に魚待にでも行ってみることにする。

ってことで平内魚待西側の、西側の磯!

干潮ピーク前だが、私の持論では、ここは干潮前後の方がいいとなっている・・・まあ満潮前後は、特に冬~春のオボソ(スマ)&シマアジのシーズンには、カゴ釣りの人が多数来てオキアミをばら撒くもんで、ルアーは厳しいんだよ実際。

そんなこんなで、カゴ釣り連の少ない干潮時の方が有望な印象が強い・・・まあ今はカゴ釣りもいないんだけど。
あと魚待西側は、東側よりも地形的に時化に弱いので、潮位が低い時の方が安心だというのも大きい。
とまあとにかく、久々に磯に立ち、まずはバイブレーションの表層早巻きからスタート。

1投目、真正面にフルキャスト、巻き巻き~、回収。
2投目、少し左向きにフルキャスト、巻き巻き~、回sy・・・ファッ!?

戻って来たルアーに、80センチ以上はありそうな魚が、本当に足元真下で追い付き、食った!
ゴンと手応えがあり、魚が反転する、反射的にフッキングすると乗っている、ロッドを立てる! (←ここ、大きな間違い!)

魚はぱっと見ブリのように見えた・・・が、今ってブリはいないよな・・・ってことはヒラマサか!?
とにかくデカい魚が掛かってしまった、魚は反転して下に向かって突っ込み始める!

ギュジィイイイイイイイイイイーー!

私「げぇーーーw」

慌ててドラグを締め込む、しかし全く止まらない!
・・・ヤバい。

完っ全に対応を間違えた!
ここに来るのは本当に久しぶり(たぶん3か月ぶりとかだ)だったので、体が魚待メソッドを忘れていた!
ここは、足元すぐ下6~7メートルに階段状の段差があり、足元で潜られると段差のエッジにラインが擦れて、高確率で切られるのだ。

ではどうするかというと、まあなるべく沖で弱らせてから寄せる、これは当たり前だ・・・可能ならな!w

がしかし、今回のように足元で掛かっちゃった場合はどうするか?
その場合は、リールのスプールを押さえてフルロックでフッキングを入れ、そのままロッドを強引に立て続けて魚の頭を水面上に出して暴れさせ、短時間で酸欠に追い込むのだ、つまり「酸欠作戦」である。

まあタックルの強度にもよるのだが、いくら魚が暴れても、頭を出した程度を維持するようにロッドを強引に立て続けていれば、魚の自重と浮力で適度にテンションが掛かり続けるので案外バレない上、魚が暴れて発生する推進力は基本的に水面より上方向になるので、かなりデカい・本来は引きの強い魚でも、知るかそんなもんせいぜい暴れて勝手に弱っとけヒャッハー!wで簡単に仕留められたりする。

そもそもそうでもしないと根ズレでまずアウトなのだから、他に手が無い・・・まあPE1.5号とかでもラインの結束さえきちんとしてあれば、10キロくらいまでの魚なら数分で取り込めるぞ!
実例↓
https://fishing.yakushima.link/daily/?page_id=406
https://fishing.yakushima.link/daily/?page_id=412

そして今回も、魚が食ったのが見えた瞬間にスプールをロックしてフッキングしなければならないのに、反射的にそう体が動かず、普通にフッキングを入れてしまったぁ!
ギュジィイイイイイーー!

・・・あーダメだ、無理だコレw

下に突っ込みつつ左右にも走る、どうやらヒラマサっぽい上、そもそもかなりデカかった、とにかく全く止まらん!w
つーか、オボソ(スマ)を想定してて、しかも今の時期なら40センチくらい、間違っても50センチくらいまでだよねー、とのナメた考えで、リールはシマノの3000番にPEが1.5号、リーダーはフロロ5号、しかもリーダーは1ヒロの堤防仕様だ、荒磯で80センチ級のヒラマサとまともにやり合って、そうそうどうにかできるわけないっすよねーw

案の定、根ズレでPEから切られて終了!orz
うう、あの程度の大きさなら、酸欠作戦に持ち込めば余裕で勝てたはずなのに・・・。


メソメソしながら猛省しつつ、面倒なのでPEをサルカンに直結し、それにリーダーを結ぶ・・・あ、もちろんリーダーはガイドを通さない長さね。
あとこの方法さ、結び方ちゃんとすればFGより全然丈夫だから。たぶん結束部での強度低下ほぼ無いしね!
とにかくリーダーをセットし直し、キャスト再開。
ちなみにリーダーは6号しか無かったので、5号から6号になったよ! やったね!

この後、1時間くらいほぼ反応無し。
その間に東側に立て続けに2人やって来て、2人ともネズミ(弓角)を投げているが、釣れている様子は無い。

あと30分くらいで帰ろうかなーと思いつつ、ジグに替えて、フルキャストからカウントダウンを20くらいで巻き初め、ややスローに、フォール時間を多めにして、時間を掛けて巻いてくるようにする、とにかく超スローピッチ。
・・・何でかって?
そんなもん、早く巻くと何回も投げなきゃいけないのが面倒臭ぇからに決まってんだろヒャッハー!w

がしかし、そんなナメた考えにもかかわらず何かがヒット、フッキングを入れると乗った、おっしゃ!

魚は・・・って、おおお、結構引くぞなもし!?

いや、結構引くなんてもんじゃない・・・左右に走るし下に突っ込む、ドラグを程よく調整し、途切れ途切れにドラグ音を鳴らしつつもゴリ巻き!
ある程度浮かせたと思うと、暴走してまたラインを出していく、しかしヘタに寄せると根ズレのリスクが高まる、せっかく沖で掛かってくれたので、なるべく沖で弱らせるべく、あまり寄せないように距離を計りつつ、出されただけ巻くようにして体力を消耗させる・・・が、なかなか弱らんのだこれが!

それでもやや抵抗が弱まってきて、同じように相手をしていても少しずつ足元近くに寄って来た・・・と思ったら、そこから更にトルクを増して下に突っ込もうとする!
慌ててやんわりスプールを押さえつつ手動ABSを掛けw、突っ込みを抑え込みつつドラグを締め増しし、突っ込みがが弱まったところでスプールを放して、更にゴリゴリと浮かせる!

・・・いや簡単に書いてるけど、コイツの相手するのがマジで大変でさ・・・さんざんやり合って、リールのハンドルを持つ手の中指内側の皮が、ハンドルグリップとの摩擦でベロンと剥けたくらいには激戦だった。

そしてやっとこさ魚体が見えた、更に浮かせ、頭を出させて空気を吸わせると、黄色いラインが海面に映えた。
魚はヒラマサ、70センチに少し足りないかってくらい、ということは最初の魚もヒラマサで確定か。
更に空気を吸わせ、動きがほぼ止まったところでギャフに手を伸ばし、少し右の足場の低い方まで曳いて行き、ギャフを引っ掛けよう・・・としたところで外れたああああああああ!?

ぐああああああああ!

orz

・・・マジで吠えてヘタリ込んだ・・・。

東側のおっちゃんたちが、あーあw みたいに笑っているように見えたが、気のせいじゃないようだorz

残されたものは、大人になった痛みで震える中指だけ。

・・・しかし、結果はともかく、よく寄せられたなアレw
いやマジでしんどいファイトだった、うん、これは勝負に勝って試合に負けたっていうアレだな!
・・・と、典型的な負け犬の遠吠え思考で無理矢理テンションを上げ、リーダーをチェックして、ついでに震える中指wもチェックして涙を飲み込み、キャストを再開・・・した、その1投目。

ゴン!

私「ファッ!?」フッキングー

ズン!

私「・・・随分と景気いいなオイww」

ってことでまた何か乗ったぜヒャッハー!

さっきと同じ辺りで掛かったが、またヒラマサだったらしんど過ぎるぞ勘弁してくれ・・・と思っていたら、そこそこ重いしそれなりに抵抗するものの、先程の暴走阿呆のような非紳士的な暴れ方はせず、最後の突っ込みを抑え込むと、割とすんなりと浮いてきてくれた。
ナンヨウカイワリ(と俺の指w) 魚はナンヨウカイワリで、今度はギャフを使って無事確保。
記念撮影は中指もご一緒だコンチクショー!w
後から計ると56センチ、重さは計らなかったが、2キロ半~3キロの間だろう。


・・・んー、しかし、なんだかなあw

最初のヒラマサは、初動の間違いでどうにもならなかった、まあ初動が成功していれば取り込めた可能性は高いが、後の祭りである。

しかしだ、もしさっき足元まで寄せたヒラマサを取り込めていたら、それを処理してすぐに帰っていただろうな、そうなると刺身はヒラマサだったわけだ。
(*刺身の旨さ:ナンヨウカイワリ >> ヒラマサ)

だがしかし、あれを落としてしまったからこそ、こうして刺身がナンヨウカイワリになったわけでw
そう、あれは必要な犠牲だったのだ・・・これぞ人間万事塞翁が馬、ってやつなんだろう、うん。(違)

そんなこんなで、何だかんだで刺身を無事GETし、帰宅!

つーかさ、やっぱ磯歩きはまだ暑いわ・・・。

夕方、湯泊港へ行ってみるが、こちらは全く何の反応も無し。
いやそういえば、一度だけバイブレーションの表層早巻きに、ゴンゴン! と合間を置かない連発のアタリがあった。
オボソが群れでいるのか? と思って色々してみたが、以降は全く反応無し。

なおBT氏&I氏と話したところ、まだオボソの話は聞いていない、あとイカが全くいないそうだ。むむむ。

あと、堤防の台風でやられた部分、沈下が進んでいるようです・・・閉じていた隙間がまた開いてきて斜めになってるし、次に台風来たらやばいと思うw

前の釣行

ジャーンク!
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング