クロホシフエダイ釣れたさ



忙しかった​仕事はひとまずほぼ落ち着いた。うん。
まだ少し残ってはいるがマイペースで今月中に片が付く範囲内だし、それが終わったらもう年内は仕事はいいやーってな感じだ、ともあれ少しゆっくりしましょうかねー。

ってことで、まあ暑かったりで日中はダラダラ・・・あー、そういえば昼前に、泳ぎに行くというヨメさん&体育祭の振替で学校が休みだった長女に付き合って、塚崎でちょろっと投げたな、そういえば。
ゴジラ岩はまだ波が高くて飛沫を被っていたので敬遠して、チヌ狙いで川の方で少し投げてみたが、今日は全く反応無し・・・んー、ここは潮のどのタイミングがいいんだろうな。
反応が無いので飽きた上に、風も無くカンカン照りで暑いので、30分も持たずに退避!

でもって、晩飯の後一休みしてから、栗生海水浴場横の埠頭へ、狙いは当然フエダイである。
いつもの仕掛けにカマスのブツ切りを付けてフルキャスト、飛んでけオルァ!

1時間経過

・・・ヒマである。
実にもってヒマである・・・と思ったらラインが出た、20秒待ってフッキング!
・・・がしかし空振り! スカ! はーん!orz

更に1時間経過
・・・あーダメかー、エサも無くなってきたし、あんまり遅くなるとヨメさんうるさいし、もう帰ろ。(日付が変わると怒るw)
それにしてもやっぱりカマスの切り身は遠投用にはダメだ、投げる時に崩壊しやがる・・・あーそういえば豆アジ1匹持って来てたんだったな・・・もう解けちゃってるし、最後に投げていくか。

ってことで、豆アジを1匹まんま付けて、テトラの近くへぶん投げる・・・と、着底と同時にゴツゴツという手応え、更にいい勢いでラインが出始めた、少し待ってフッキング! フッキング! フッキング!
大事なことなので3回(ry

ズシッ!

おっしゃ乗った、まあそんなに重くはないがミヤゲにはなりそうな大きさだ、そーれゴリゴリ~。

クロホシフエダイ 上がってきたのは、えーと尻尾が赤いからクロホシフエダイ君だな、35センチ位か、まあごっつぁんです!

・・・しかし改めてよく見ると、不思議な針掛かりしてるなキミ・・・ちなみにハリはネムリの17号だが、どうやったらそう掛かるw
しかしそんなことはどうでもいい、食えればいいんだよヒャッハー!

とにかく土壇場で獲物をGETし、さすがに時間もアレなので半分残った豆アジを捨て、すぐに血抜き!
その間に片付けをし、鱗を落として内臓やっつけて帰宅!

前の釣行

釘で魚を釣る
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング