ナンヨウカイワリ釣れたっさー(50センチ・1.5キロ)



やっと雨&雷が収まったので、朝から釣りに行く・・・はずだったが寝過ごしたorz
まあ午前1時過ぎまで仕事してたし、しょうがないね!w

ってわけで、のんびり朝飯を食べ、少し仕事をし、11時を回ってから湯泊港へ。
なんでも昼飯は外食なので、12時半頃までには帰って来いとのことなので、正味1時間ほどか。

ってことで先端部、無駄にクソ暑いので当然ながら誰もいないw
まあしかし向かい風だが結構風があるのでそんなに暑くはない、私にとっては十分に快適に含まれる気温である、少なくとも寒いよりもよっぽどマシだ。

とりあえずトップでざっと探ってみるが反応無し・・・まあこの時間だし、トップは厳しいよな。
早々にジグに替え、スローアクション中心で探ってみるがコツンも無し。

残り15分くらいになって、足元近くを探ってみるべくちっこいジグに替え、堤防回りをカニ歩き?で移動しつつ、10メートル以内の足元近くを探っていく、しかし外海側は何も反応無し。
ふうむ、内側も探ってみるかねー、と、まずは先端内側の角へ行き、10メートルほどポイして足元の漁礁スレスレまでフォールさせ、ホイホイホイ・・・ゴン!

私「ファッ!?」フッキングー
ズシン! ゴン! ゴン!

おおっと何か掛かりましたぜヒャッハー!
焦るほどではないがそこそこ重い、そして横に走る、回遊魚だぜヒャッハー!

ナンヨウカイワリ んーヒラマサではないな、ナンヨウカイワリっぽいなーと思いつつ、最近バラシが多過ぎだったので少し慎重に相手をして浮かせてみると、やはりナンヨウカイワリ。
更に弱らせて落としダモを下ろし、無事一発でネットイン、よっしゃ獲ったでヒャッハー!

しかし釣り上げると釣り上げたで、帰る時間は迫っているわ、暑いので早く魚を処理しないと鮮度が落ちそうだわで、なんか色々と必死な俺w
バタバタと血抜きをしつつタックルを片付け、急いで堤防を戻る途中でやおら便意まで催しw、船揚げ場で速攻で内臓を抜いて帰宅!
しかしせっかく急いだにもかかわらず、帰る途中で便意は引っ込んだ!w

なおカイワリ君はちょうど50センチ、1.5キロ程だったさ。


夕方、ヨメと次女が少しだけ泳ぎたいと言い出したので、17時を過ぎてから再戦。
1時間もせず上がってきたので実質30分程、今度は全く何の反応も無し。

前の釣行

口永良部行けなかったorz
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング