屋久島いい加減釣り日記

スカ!

2017/11/05(日)
​​今日は朝から長女の英検の面接のため、宮之浦まで出掛けた。
ついでにヤクデンで買い物をし、更にドラッグイレブン、サムズ、ドラモリを周り、ガソリンを入れ、安房のワルンカランで昼飯を食べ、更に尾之間でAコープにも寄るという特盛りコース・・・。orz

・・・もう英検と買い物、どっちがメインだったのか突っ込む気も失せたが、とにかく疲れ果てて家に戻ったのが14時前。
さすがに疲れたので少し昼寝をし、寝かせてあった昨日のナンヨウカイワリを捌いて、16時を回ってから湯泊港へ。

今日も先端に3~4人の人がいるが、まあいいやでとりあえず行ってみると手前が空いていたので、そこでキャスト開始。
例によってのエビングもどきだが、ちょっと指先を怪我したのでゲソは持って来ていない・・・だって傷口にイカのエキスが刷り込まれるとかなんか嫌じゃん?w

2キャスト目にさっそくゴンと来た、がしかし、そこそこ重いのに全く引かない・・・ヤツだな・・・。orz
アオヤガラ 案の定のヤガラちゃん、帰れこんにゃろー!
更に2投後に何かがヒット、しかし10秒程で外れた。
その後はたまに底の方でコツンと当たるのだが掛からず、まあちっこいフエダイとかかな。

活性は高いっぽいんだがなー、と思って続けていたら、隣の人が何かそれなりの魚を掛けたようでタモ入れHELPが掛かる、引き方からするとナンヨウカイワリっぽい。
浮かせてみたら案の定のナンヨウカイワリで60センチ位のいいサイズ、ちょっと手こずったが無事にネットイン。
聞くと、なんとこのサイトを見てここに来たそうな・・・なんとまあこっ恥ずかしい、こんなん見てる人いるんすかw

そうそう、足場の高い場所で落としダモに上手く魚を入れるコツは、ドラグをそこそこにしてロッドを下というか魚に向けてラインを巻けるだけ巻き、魚とロッドを一直線にすることですぜ。
魚に動く余地を与えないようにすること、つまりラインを最短=魚とリールの距離を最小にすることが重要。それによってテンションが掛け続けられるので、足元でポロリも防止できる。
とにかく竿を下向きにしてラインを張れば格段に魚のコントロールが簡単になり、慣れれば一人でもタモ入れは余裕なので、騙されたと思ってお試しあれ!

その後その人達が帰り、そうしたら一段下でエビを釣っていた2人組が「うわ、デカっ!」「キモっ!」と叫んだので聞いてみると、お化けサイズのウツボだったらしいw
更に数分後、手前に人がいいサイズのエビを釣り上げた、おー、なんだか海が活気付いていて面白いな!

・・・がしかし、その後暗くなるまでに私に釣れてきたのは、20センチ以上ある特大のネンブツダイ(正確にはリュウキュウヤライイシモチ)と、同じく20センチほどのヘイケ(ゴマヒレキントキ)だけ・・・。orz
諦めて足元が見える内に撤収! つかーん!

前の記事

ナンヨウカイワリ釣れましたよっと
HOME

©2017 屋久島いい加減釣り日記