ヒラスズキを引っこ抜きました



白身魚は飽きた、赤身の魚が食いたい。
オボソ(スマ)のタタキが食いたいなあ、とヨメと話し、じゃあやっと波と風が落ち着いてきたっぽいし行ってみるか、と、朝食後一休みしてから久々の湯泊港へ。

たまにアタリがあるのだがどうしても乗らない、小さいダツか何かかなあ、と思っていたらやっと掛かって寄せてみると、案の定50センチあるかないか位のチビダツ。
リリースして午前の部終了、まあそううまくはいかないわなあ。
クーラーに保冷剤を突っ込み、釣る気満々で出掛けたのにカッコわりい。


昼食後、折角天気が良くなってきたことだし、皆で例によって大川(の滝)河口に出掛ける。
凝りもせず、またクーラーに保冷剤を突っ込んで釣る気満々。

到着後、ヨメチビ共が思い思いの事をして楽しんでいるのを横目に、最も可能性の高いポイントである河口の岩場付近を狙ってキャスト開始。
満潮前なのと、まだ少し海が荒れているせいで、この場所にしては波がそこそこあるな。

10分経過・・・釣れん!
ここはたいてい数投以内に反応があるのだが、今日は全く何も無し。
25センチ位でいいから、ムニエル用にエバ(メッキ)何匹か釣りたいんだけど、お留守でしょうかね。

さらに少し粘るが反応が無いので、右(北)方面に徐々に移動しつつキャスト続行。
やはり全く反応が無い、おやつ用に長女がミニアメリカンドッグを作って持って来てたので、戻って一休みしようかな、と思い巻き上げようとすると、波打ち際でゴン!
あれ、引っ掛かったかな?
波打ち際は中ぐらいの石がゴロゴロしていてそこで波が砕けていて、引っ掛かり易そうな上、波がある今日は、ヘタに巻き込まれると魚が掛かっていても高確率でバラしそうな感じだ、やれやれ厄介な・・・。
まあとにかく、今引いていっている波が引き切ったら、少し前に出て竿をあおってみるか。

ゴンゴン!

は?

ゴンゴンゴン!

え? あれ?
もしかしてなんか掛かってます?

慌てて竿を立ててみると、ずしりと重さのあるクリーチャーが掛かっており、そいつが暴れながら波打ち際を左に走ろうとする、マジか!
まずい、波打ち際でのやりとりはリスキー過ぎる、ってかなんてところで食いつきやがりましたんですかこのバカタレが! 空気読め!

やばい次の波が来る、あれに巻かれたら非常にやばい!
ちゃんと合わせられなかったから多分針掛かりも甘いはずだ、あの波に巻かれたらまずバレると考えていいだろう。
・・・ラインはPE2.5、リーダーはナイロン8号、竿はMH、この辺は大丈夫だろうが、問題はフロロの5号のハリスがもつかと、針の掛かり具合だ、いけるか?

ええい、ままよ! いったれ!

波の接近に合わせてラインを巻き込んでドラグを締め込み、クリーチャーを少し浮かせてから竿を寝かせ、波に合わせて自分も後ろに下がりながら、やや強引に、それも加速をつけながら引く!
波打ち際からクリーチャーが滑り出すように顔を出し、そのまま更に竿がかなり曲がる位に勢いを加えながら引くと、玉砂利交じりの浜に、文字通り魚が飛んで来たw

ヨメ:「!?」(目が点)
私:「っしゃあ、確保ぉ!www」

ヒラスズキ 空気の読めないクリーチャーの正体は、50センチ以上あるヒラスズキだった。

ヨメ:「・・・は? え?」
私:「ざまあみやがれコンチクショーめw 波に巻かれたらバラしそうだったんで、イチかバチかで強引に引っこ抜いたったwww」
ヨメ:「・・・すごいー!? 大きいー! お刺身と酒蒸し? ムニエル?」

見ると、やはり針はきちんと掛かっておらず、写真の通り本当に皮一枚のちょい掛かりだった、やっぱり波に巻かれていたらヤバかったなと思うと同時に、よく無事に上がったもんだと我ながら感心。
ともあれ、また旨い刺身が食えるとわかり、次女歓喜。
首を折って血抜きをしていると、トンビが何羽もやって来て頭上を旋回しつつ魚を狙い始めたので、長女が小石で対空弾幕を張るw
内臓とエラを水辺に残しておいてやったら、2羽がしっかり攫って行った。

その後も数投するがアタリは無く、もう獲物は十分なので途中で竿を放り出し、チビ共とのんびり遊んで、適当に帰宅。

帰宅後測ったところ、本日のヒラスズキ氏は53センチ、まあ丁度いいサイズだな。
たくさん釣ったりあまり大きいのを釣ると、冷蔵庫のスペースと献立の都合から、しばらく釣り自重を申し渡されてツラいのでw、すぐに食い切れるこの位が丁度いいわい。


・・・ところで、掛かったのが波打ち際だったのと、咄嗟の判断で最初の寄せ波に合わせてぶっこ抜いた、それも波間から吹っ飛んで来たので、この魚とのファイト、長々と書いたものの、もしかしたら10秒以下だったかも・・・。

実際には、
「・・・ん? あれ・・・うおおマジか? やばいやばい!・・・こんにゃろーめ・・・うおりゃあああ! っしゃあ、確保ぉ!w」
位で全てが終わってますから、マジでw

ってか、赤身の魚が食いたいんだってばよ・・・。

前の釣行

自作弓角でギンガメアジ釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング