屋久島いい加減釣り日記

コブシメ釣れました

2017/10/16(月)
​昼メシの後、プログラムで少し煮詰まったので、気分転換に湯泊港へ。

オリジナルのプログラムというのは​もちろんまず発想が重要なのだが、その発想を(処理の)形にするのもアイディア次第である、なんせ誰もやっていない=サンプルもロクに無いことが多いわけで。
今日作っていたのは、特定のサイト向けの治具的なプログラムなので、いよいよもってサンプルなど無いから自分のアタマから捻り出すしかない。

ってことでイカチェック・・・と思ったら、先行者2名が定番ポイントを釣って回っていた・・・はい終了!orz
まあしょうがない・・・とりあえず見て回ったがイカの姿は無し。
諦めて帰ろうかと思ったが、通りすがりに船溜まりで投げてみる・・・最近、船溜まりでは全くイカの姿を見ないな。

で、張ってあるロープに平行に少し投げ、着底させてみると・・・ズシッ!
うお、掛かりやがったか!? ・・・と思ったら、サンゴが引っ掛かっていた。orz

ぶーたれつつサンゴを外し、次のキャスト、着底、シャクってみると・・・ズシッ!

お?

しかし重さは乗ったが引かない・・・またサンゴか石か? ・・・ん?
僅かだが浮いてくる上に、微かにピコピコ感がある・・・それになんだか右に行っているぞ!?
・・・と思ったら外れた・・・なんだ?

次のキャスト・・・ズシッ!

は? またっすか?
同じく重いのだが僅かに浮いてくる、そしてまた微かなピコピコ感・・・んんん?
見ると足元に20センチほどのオジサンが見えるが、そいつではないようだ、よし正体を見てやろう・・・と思ったら外れた。orz
うーむ、もしかして、噂のアレか?

3キャスト目・・・ズシッ!

おいおいまたかよ、やはり僅かに浮いてくる&微かなピコピコ感、今度は慎重に浮かせに掛かる・・・と、石のようなものが見えてきた・・・あーやっぱりな!

正体は案の定コブシメだった・・・底を釣っているとたまに掛かる、重いだけであまり引かない、と聞いていたので、ぽいなーと思っていたのだ
アオリイカは月に数十匹は釣っているが、コブシメは初である、というかアオリイカ以外のイカを釣るのはこれが初めてであるw

コブシメ とりあえず無難に寄せて抜き上げ、無事に確保・・・うは、マジで甲があるしアオリとは目付きが違うよ、少しキモいなおいw
それなりに有名な話であるが、セピア色のセピアというのは、コイツの学名というかラテン語名からきている、コイツらコウイカ類の墨を染料にして描いた色が「セピア色」だ。

「セピア色をした 映画が好き~♪」

と言えば格好もいいが、

「イカ墨色をした 映画が好き~♪」

なんて言った日にゃあ、哀愁どころかイカ臭さが漂ってきそうで、郷ひろみもきっと爆笑であるw

と、その辺は置いといて、何度も当たったんだから他にもいるのかと試しにもう数投してみたが反応無し・・・まさか最初の2回もコイツだったのか?
まあいいや、撤収!


なお持ち帰ると、ヨメさんが「かわいい!」と大盛り上がり・・・ごめんその感性よくわからんw

前の記事

短時間イカGET!
HOME

©2018 屋久島いい加減釣り日記