侮れん

今朝はちゃんと夜明け前に起きた!

いつものように湯泊港へ行き、いつもの場所で、いつものようにイカの目玉を垂らす・・・が、どうも今日は小物の反応しか無い、うーむ、つまらん・・・。
最後のイカの目玉、ふと思い立ち、オモリを10号のそれに変更、沖に向かってフルキャスト!w

この湯泊港の先端部は、一定の範囲は根掛かりはまずしないのだが、その範囲を外すと凄まじい頻度で根掛かりする。
相応の犠牲を払って、この角度からこの角度はOKというのが把握できているので、その安全圏へぶん投げてみた。

着底させ、ラインのたるみを取ってしばらく待つと・・・ゴンゴン! おるあー! 
フッキングを入れると魚が乗った、んー、普通に30センチ位の根魚ですね!

ハマフエフキ 寄せて抜き上げてみると、30センチほどのタマンことハマフエフキ。
屋久島ではタマミと呼ぶんだけど、タマンの方がなんだか少しかっちょいいからタマンでw

不味くはないどころか結構旨いんだけど、少し身が柔らかくてフエダイには劣るので焼くとしますかね、そーれ血抜き血抜き。
そういえば冷凍庫に同じ位のタマンが1匹眠っていた気がするので、まとめて焼いちまおう。

最後のエサだったのだが、うまいことタマンの口から目玉が回収できたので、沖に向かってもう一度フルキャスト。
着底させ、暫く待つと。

ゴッ・・・ゴンッ!

私「ほいさあ!」 * 鬼アワセ

ズシッ・・・ギュイッ!

私「・・・へ?」

ギュイイイイイー!

私「うにゃあああー!?」 * 必死

プンッ!

私「にゃーん・・・」

外れた・・・orz

何だ今のは・・・恐ろしい引きだったぞ!?

足元で掛かったフエダイを潜らせずに一気に浮かせられるように、ドラグはほぼカチカチまで締め込んであるのに、それをものともせずにラインを出された・・・適当に構えていたとはいえ、最初のダッシュで少し体がブレたぞ!?
回収してみると、エサは無くなっていたが針は付いていた、掛かりが悪かったのか・・・がしかし、アレはちょっと上げる自信が無いな・・・うーむ、侮れん。

まあとにかく、エサが無くなったので、タマンを処理して撤収!
イカは見当たらず。



チビ共を送って朝飯を食べ、一仕事して、ヨメさんをヨガに送った後、イカチェックに再来。

今度は小一時間で、えーとたぶん10ヒット近くw
小さいのばかりだったが、2匹バラして1匹抜き上げ途中で落とし、2匹を水中リリース、外れなかった3匹はやむなくキープ・・・がしかし、イカの目玉が残り少なくなってきていたので結果オーライ。
そう、エサ用に目玉が欲しいのだ・・・おいイカ共、目ン玉置いてけー!w

そして最後に300グラム近いのをGET・・・でもこの時、もっと大きいのが抱きそうだったのにコイツが先に抱いちゃったんだよなー・・・まあしょうがないか。

ってことで撤収!

前の釣行

イカだけ
HOME