一応フエダイ釣れました

今朝もフエダイ狙いで夜明け前に湯泊港へ行ってみると、階段を上ってすぐのテトラ脇で、「屋久島 低レベル釣り日記」のじみぃさんがイカを釣っていた、1投目から釣れたらしい。
少し話をして先端へ向かい、今日も今日とてイカの目玉を足元へ垂らす。

すぐには反応がなかったので、そのまま横へゆっくりカニ歩きwをしてみると、やがて何かが当たったので、立ち止まるとゴンと来た。
上がってきたのは20センチ位のクロホシフエダイ君、来年またな、できれば白星にクラスチェンジしてきてくれ。

フエダイ クロホシ君をリリースしてしばらくすると、引ったくるようにバコンと来た!
鬼アワセを入れると、元気に下に突っ込むものの思ったより軽い、ゴリゴリ浮かせてみると、上がってきたのは30センチくらいのシロテンこと純正フエダイ君、おっしゃ少し小さいが目当ての魚である。
友愛して血抜きをし、更に目玉を垂らすと。

ズドン!

脳筋全開の心臓に悪いアタリ!

私「ヒャッハー!」* 当然の鬼アワセ

ズン!

よっしゃ乗ったぜ、フエダイもう1匹追加・・・うお!?
めっちゃ引きよる、これは40センチ以上はあるな、50センチ近いかもしれん、まあどっちゃでもいいがまずは浮きやがれこのヤロウ!

・・・しかし、スプールを押さえてロッドを立て、底から引き剥がそうとしたらテンションが抜けた・・・orz
ハリスを切られたか・・・と、ふてくされながらラインを回収してみると、針は付いたままだった、掛かりが悪かったのだろう・・・ツイとらんな。

結局魚はそこまで、フエダイを処理して堤防を戻ると、じみぃさんがまだ釣っていて、あの後すぐにもう1匹釣れたそうだが、その後は姿は見えるのに総スルーらしい。
話しながら、試しに私もエギをポイしてみるが、やはり全く反応無し。

早々に諦めて、ヨメさんに電話で朝飯の用意を頼む。
今日はチビ共を送ったらその足でドラモリまで行くんだった、早く帰らないと朝飯を食べる時間が無い、急いで撤収!


夕方。
今日は長女が英検で終わりが遅いので、ヨメ次女を連れてのんびりイカを引っ掛けに来てみたものの、風が強い上に完全スルー。
うーむ、今日はイカは外れか。

前の釣行

可もなく不可もなし
HOME