可もなく不可もなし

朝、いつものように4時半に起きて湯泊港へ、バカのひとつ覚えのフエダイ狙い。

(ry

・・・残念ながら本日は空振りらしく、ネンブツダイやら金目ちゃん(テリエビス)が数匹釣れただけ。
明るくなってくるとエサ取り共が活動開始、エサ持ちのいいイカでさえゴリゴリと削られる中、最後のイカの目玉を放り込むと・・・グンッ!

私「おるあー!」

フッキングを入れると何かが乗り、一気に下に突っ込む、うお、まあまあデカいぞ!?

ロッドを立てて突っ込みを止め、フエダイのアタリじゃなかったなーと思いつつゴリゴリと浮かせてみると、40センチちょっとのホウライヒメジだった。
んー、私個人としては好きな魚ではないんだが、コイツのムニエルは絶品らしくヨメチビ共に大人気なので、まあ獲物としてはオッケーである・・・私はあまりムニエルは好かんのだがね。

ちなみにオジサンの類、というかヒメジ類は押し並べて引きが弱くスタミナも無いのだが、このホウライヒメジだけは非常にパワフルで、大きいと結構焦る。
体型もなんだか他と違って丸っとしているし、上位機種なんだろう。

ホウライヒメジ 抜き上げるにはちょっと重い&落としたくないので、堤防の角を回り込んで落としダモのところまで曳いていき、無事にネットイン。
なんか最近、落としダモに魚入れるのが、我ながらかなり上達してきたと思うぞw

ここで不思議現象発生、ちょっと初めてかも。

このホウライヒメジ(42センチだった)だが、エサを丸呑みしていてハリが喉の奥の方に掛かっていたのだが、まあ最後のエサだったし釣りは終了ということで、ハリスをスナップから外し、ハリスを持ってぶら下げてバッカンのところまで持って行き、まず写真を撮って、その後血抜きをしようとしたわけだ、まあ普通の手順だわな。
そして写真を取るのに向きを変えるべく、ハリスを持ってポジションを調整していた、まあ手が汚れないから丁度いいわい、ってな感じで。

すると・・・途中で、魚が目を見開いた?ように見えた。
写真を撮り、では血抜きしましょうかね、とナイフを出して手を掛けようとすると・・・ん?

・・・あれ、コイツ息してないぞ! ・・・ってしてたらこえーわw
目も、まるで死んだ魚のようだ・・・なんせ死んだ魚だもんな!w

とにかくだ、よくわからんが既に事切れておるではないか!
エラにナイフを入れてみても、心臓も既に止まっているようで血が抜けてこない。

どうやらハリスを持って引き回している間に、イケナイ場所にハリが刺さってしまったらしく、瞬間的に黄泉路を逝ったようだ。
こんなこともあるのかと感心しつつも、今更どうしようもないので、ウロコを落として内臓を抜いて転進、通りすがりにイカチェック。

イカは幼女イカが1匹掛かったがリリース、他には姿が見えないので5分ほどで諦め、撤収。


夕方ちょろっとだけ来てみたら、型のいいイカの群れが入っており、エギをポイしたら、余裕で500グラム以上ありそうなのが寄って来てグフフwとかほくそ笑んでいたら、横から一回り小さいのが突撃してきて先に抱きやがったorz
無事に抜き上げたものの、結局そいつが墨を吐きまくって群れが散ってしまい、後は続かずorz
まあそれでも割りと大きかった(帰って計ったら300グラム近くあった)ので、まあ勘弁しておいたw

前の釣行

まとめ書き
HOME