まとめ書き

​やー皆さん、お元気ですか?
もうね、一身上の都合によりだいぶ書くのをサボっていたわけですよ​。

簡単に書くと、

1.そこそこ仕事が入る
2.そもそも天気が悪い日(風の強い日含む)が多かった
3.次女の運動会があって1日潰れた
4.結構長編の本を読んでいて、そっちに嵌っていた、更にそのせいで寝不足気味だった

ってな感じであったでござるアル。

釣りには、短時間ずつながらそれなりに行ってはいたんですがね、ここに書く時間までは無かったって感じっすよつまり。

ちなみに読んでいた本とは国際テロに関するものだったのだが、ちょうど上巻を読み終わって佳境に差し掛かった辺りで例のラスベガスの事件があったため余計にリアリティが増し、ホモ・サピエンス・リンネってのは知能は発達していてもやっぱりアホであることを再確認した次第である・・・なんせ真剣になってもしょっちゅう魚にバカにされてるわけで、まあ人間なんてそんな程度のイキモノなのかも知れない。(無理やり釣りに引っ掛けるw)
なお私は、テロ含め犯罪被害に絶対に遭わない方法を知っている・・・それは人間のいない所に行くことだ、テロも犯罪も人間しかやらかさないからな!w

とまあ、その辺のことと、【ピー】な政治家共がかなり駆逐されそうで非常にめでたい&連中の断末魔の声が実に心地よく、飯が旨くて食べ過ぎで太っちゃいそうなのは置いといて、釣りの方だ。
最近の我が家の方針?は以下の通りである。

「回遊魚はいいからフエダイを釣って来い」(ついでもイカも)

たぶん我が家の面々は魚に関して非常に舌が肥えていると思うのだが、全員が口を揃えて「オボソ(スマ)よりもフエダイ」なんである。

いやオボソは非常に旨い、それは認める、ただ少し過大評価されているんじゃないかとは思う。(カンパチも)
あと、オボソは刺身よりも断然タタキの方が旨いだろ、もちろん異論はいくらでもどうぞですけどね。
そもそもオボソは赤身なので、料理のレパートリーが狭くなるのがなあ・・・。

まあとにかく、タイにいた頃からオボソの刺身を食べまくっていたチビ共も、まずフエダイを食べ尽くしてからオボソに手を出す有り様なので、こりゃあいくらすぐそこでオボソが釣れていてもフエダイを狙わにゃいかんだろ状態なわけだ、しかも季節物なので余計である。
そんなこんなで、オボソはスルーしてフエダイとイカばかり狙っていた。

で、ここのところの釣果をざっと書くと・・・やばい、大概もう忘れたw
そうそう、土曜日にクロホシフエダイが釣れた、あとイカも数匹。
まあイカが全く釣れない日はほぼ無い、小さくても1匹や2匹は引っ掛かる。

ところでフエダイ類だが、今のところの我が家の評価では、
フエダイ(純正)≧ヒメフエダイ&オキフエダイ>イッテンフエダイ>壁>クロホシフエダイ
という序列となっている。

月曜日はフエダイ狙いは空振りでイカだけだったが事件発生。
昼前にヨメチビを泳ぎに連れて行き、その間にイカを引っ掛けていたのだが、船溜まりのロープ際で想定より結構大きいのを掛けてしまい、そいつがロープをくぐって逃げやがった挙句にフックアウト、そしてエギがロープに引っ掛かるorz

ほぼ最干潮だったので、泳いで外すハメになった・・・まあ暑かったからいいんだが、何よりもエギが貴重でなあ・・・私がイカをそこそこホイホイと釣れるのはこのエギの助けによるところが大きいと思うんだが、既に生産終了していてストックが4つしか無いので、そのためなら泳ぐさ!
・・・ちなみにこの度の入水wは、今年の初泳ぎ兼泳ぎ納め(予定)であった。
いや冗談抜きで、あのエギが無くなると、我が家の食生活にだいぶ影響が出ると思うので、そう簡単にロストするわけにはいかんのだ、泳げる気温の内は泳いででも回収する所存である!(たぶん)

その後もフエダイは空振り続き、ただイカは安定して日に3~4匹は釣れている。
今日、何を血迷ったか久々に「オオビヤ」に行ってみたのだが、南東の風が強くて釣りにならず、しょうがないのでジグで足元近くを探ってみたら、久々のキヌベラが掛かった・・・そこそこデカくてよく引いたので期待したのだが、上げてみてがっかり、相変わらずの趣味の悪い色と柄にげんなりし、撤収。
一応本日はイカを3匹引っ掛けた。

ってことで、私は元気です。
落ち込むことなんてありません、アタマいつでも春ですからw

前の釣行

なかなか釣りに行けん
HOME