スマ釣れましたさ



夕方、ちょっとヨメさんと散歩に出掛けた・・・湯泊港へw
ま、ついでにイカを2~3匹引っ掛けましょうかね、と。

で、着いてイカ竿を下ろしていると。

ヨメ「あれ、こっちの竿は持って行かないの?」

・・・と、青物用のロッドを指差した。

私「まあイカだけだし要らんわ、先っちょ(先端)まで行かないだろ?」
ヨメ「え、行こうよ、せっかくだし。だから持って行こー!」

・・・と、ルアー一式持たされた・・・まあいいけど。
しかし堤防に上って見てみると、イカの姿が全く無い、いつも潜んでいる場所でも全く反応無し、どこ行きやがった。
しょうがないので先端へ向かう、あーうっかりオボソ(スマ)でも釣れんかなー、前に私と来た時、1投目で釣れたことが何度かあったよねー、とか話しつつ。

さて先端。
ヨメ、折り畳み椅子を取り出して着席w なぜw

しっかしベタ凪だな、気持ちはいいが釣れる気せんよ、とか話しつつ、まあ今釣れる可能性がある青物はオボソかメッキだけだろうしってんで、弓角をセットし、30グラムのジグのテンションフォールで45カウントの深みを狙ってキャストし、着底寸前で巻き始め。

やや早巻きでふんふんふーん・・・ゴゴン! ファッ!?
中層に差し掛かった辺りで何かが掛かった、弓角なのでフッキングは不要、ロッドを立てると、まあそんなに大きくはないが、おお、元気に走るなおい!
オボソかヒラマサか、と思ったら微振動が伝わってくる、こりゃあ多分オボソだぜヒャッハー!

私「おっしゃ掛かった、オボソっぽいぞ!」
ヨメ「うわ、やったあ! 頑張って!」

・・・と思ったらテンション抜けた・・・orz

私「・・・あ、外れた・・・」
ヨメ「・・・えー・・・」
ぶーたれながらそのまま巻いたら、数秒後に再びゴン!

私「うはw また掛かったでござるw」
ヨメ「え? やったあ!」

おー、走る走るw
フエダイ用から緩めてあったドラグが一瞬鳴ったぞ、重さは大したことはないがオボソはスピードが凄いのだ。
何でも全魚種中、遊泳速度は3位だか4位で、オボソよりも上位はバショウカジキ他カジキ類くらいなのだが、その辺はかなりの大型魚なので、魚体の大きさまで計算に入れれば最速かもしれんというスピードなんである。

しかしいくら元気に走ってくれたところで、周りには誰もいないしそんなに大きくもない、無理せず適当に寄せると魚体がギラリと光って見えた、なおヨメさんは、この魚体が見えてきた瞬間が、釣りで一番興奮する時らしい。

ヨメ「うわあ、ギラギラ光ってる! 何? 何?」
私「だからオボソだっつってんだろ、わからんやっちゃのー!」
ヨメ「なんで判るの?」
私「引き方で判るわい・・・ほーれ、オボソだ」

スマ 浮かせてみると40センチあるかないかだったので、落としダモは使わず、振り子殺法でランディング。
よっしゃ、特上の赤身GET!

ヨメ「いやったあ、オボソ! オボソ!」
私「はいはいよかったよかった、血ぃ抜くから離れてろ、飛ぶぞ」
ヨメさん、久々の赤身に大喜びw
・・・しかし冗談抜きで、ヨメさん連れてくると、なぜか高確率で1投目にオボソが釣れるんだけが、なんなんだろうなw

なお釣り上げてすぐ、写真左上の5センチもないような小さなベイトを吐き出した、弓角のサイズとドンピシャリである。

結局その後は全く反応無し。
見ていると、200メートルほど沖でたまに海面が騒ぐ、あの辺か・・・あれが寄って来れば爆釣なんだろうがな、さっき釣れたのは、きっと群れの端っこのはぐれ者だったんだろう。
そうこうしている内に次女が帰ってくる時間が迫り、時間切れ撤収。

1匹しか釣れなかったが、堤防往復も含めて所要30分未満だったので、まあ上出来なんだろう。

前の釣行

ゴール!(2点)
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング