痛恨の大バラシ



朝、4時半にヨメに起こされた。

ヨメ「朝だよー、釣り行くんでしょ?」

・・・昨日仕事が遅かったので眠いんだが・・・まあ行くんですけどねw

私「んー・・・今日は少し明るくなってから魚待に行ってみようかなー」

最近オボソ(スマ)の話も聞こえてきたし、もう2ヶ月近く行っていないしな。

ヨメ「え、湯泊でフエダイじゃないの?」
私「んー、ちなみにオボソとフエダイ、どっちがいい?」
ヨメ「そりゃあフエダイに決まってるじゃん!」
・・・決まってるんかいw

ヨメ「だってフエダイ、メチャクチャ美味しいし、それに夏の魚なんだから、今釣らないと。オボソはこれから春先まで釣れるんだしさ」
私「まあ確かにそうだなー」
ヨメ「それにフエダイの方が確率高そうだし!」
私「・・・まあ確かに」
ヨメ「あ、ハタでもいいよ!」
私「・・・この贅沢もんめ!w」

ってことで、フエダイまたはハタを釣ってこいと日の出前に家を叩き出されたでござる・・・人生って過酷!w

さて湯泊港先端部、例によって誰もいない。
なんでかなー、根魚は釣れてるし、朝は涼しくて気持ちいいのにな。

用意をして早速仕掛けを投入すると、今朝はアタリが多い・・・がしかし、釣れてくるのはアカマツカサとキンメちゃん(テリエビス)ばかりorz
フエダイ頼むぜフエダイ、あの心臓に悪いアタリでガツンと来いや!

・・・がしかし釣れてくるのはアカマツカサorz
空が白んできて、5本持ってきたイカもラスト1本、あーダメだったかー・・・と思ったらアタリ、クンクンッという引き方、まあフエダイではないな。
もう少し待つと、グイーッと竿先が絞り込まれたので鬼アワセ!

ズシッ!
おお、なんかデカい、重いぜヒャッハー!

グッ! ギュン! ギュイイイイー!

私「なほっ! すっぺちー!?」

マジかヤバいデカい、5キロの青物を想定してドラグ設定してあったのにラインが出された!
慌ててスプールを押さえてブレーキ!
いや青物だったらライン出てもいいんだが、ここは下が魚礁で相手は根魚なわけで、数メートルも走られたら穴に入られて負けなんである!

スプールを押さえたままロッドを立てて強引に浮かせようとする・・・こんぬおやろー、浮けやー!

ブツン!

・・・。
・・・・・・。
うごあー、やられたー!orz

巻き上げてみると、ハリスが根ズレで切れていた・・・最初の走りで穴に突っ込まれ、ハリスが魚礁の穴の縁に当たって切れたんだろう。
しかもだ、ハリスは20センチ位にしてあったのだが、切れた長さからして、あとほんの10センチ位早く止められていれば・・・ぐおおお!

やられてもうた。
やられてもうた。

フエダイのアタリではなかったので、ハタだったんだろうな・・・。
逃した魚はデカいを地で行く結末に項垂れ、ルアーを投げる気力も無く撤収・・・あ、でも帰りがけにイカは2匹引っ掛けたw


家に帰って顛末を話してヨメに怒られ、朝飯を食べた後、ヨメと次女を釣れて大川(の滝)河口へ。

・・・えーと、この前の台風と先日の大雨のせいなんだろうが、海底の地形がえっらい変わってるんですが・・・。
なんだか変化の乏しい遠浅になってしまって、ポイントらしいポイントがなくなってしまった感じである・・・海底に立っていた、よく魚が付いていた岩まで見当たらないぞ、波で吹っ飛んだのか?
まあとにかく、こりゃあヒラスズキは厳しいかなー。

弓角を投げてみたら、河口の沖の岩場近くで手の平サイズのメッキが2匹釣れたが、それ以外の場所では反応皆無、諦め!

夕方はBBQして焼きイカを食べまくり、ビール飲んでフテ寝!

前の釣行

結局獲物なし
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング