結局獲物なし



朝、日の出前に起きて出掛けようとすると、ヨメさんも一緒に来るという・・・珍しい。

例によって、まずはエサでフエダイを狙い、明るくなったらルアーを投げ、最後にイカチェックをして7時前には撤収というナメた計画である。

で、まあヨメさん連れて行ってはみたものの、堤防の先端へ着いた所で、なんとヘッドライトが電池切れ!
うがー見えん! 車に戻れば予備の電池はあるのだが、戻るのが超絶面倒臭え!

そんなこんなでスマホのライトで照らして用意をしてはじめてみるが、今度は根掛かり連発!
いや実はですね、ここは足元の魚礁の隙間に仕掛けが落ちると引っ掛かりまくるので、明るい時に魚礁の上部にオモリを垂らして着底させ、その時のバットガイドとリールの間になる部分のPEに、マッキー(油性ペン)で印を付けてあったりする。
元々は根掛かりを避けつつ魚礁周りにいる根魚をジグで釣るためのアイディアなのだが、こうしたエサ釣りにも非常に有効である。

とにかく、普段は暗くても手元でラインを見ていれば、根掛かりしない適切な深さで仕掛けの沈下を止められるというわけなんだが、暗いのでその印がよく見えないために根掛かりしているわけで、つまりこれも暗いせいなんである。
結局、エサ釣りタックルの方のリーダーを根掛かりでロスト、フエダイ釣りの野望は禄に戦わない内に潰えたorz

ふてくされながら、明るくなるまでコーヒーを飲んだりして、ルアーに移行。
ミノーに反応が無いのでジグへ、ジグでも反応が無いのでエビングもどきに移行。
ヨメ「・・・それ、ヤガラしか釣れないイメージがあるんだけどw」
私「いや、ナンヨウカイワリとかオボソ(スマ)とか、ヘイケ(キントキ類)とかも釣れてるぞ?」
ヨメ「えー、そうだっけー?」

フルキャストして着底させ、すぐに跳ね上げ、ホイホイホイ・・・ゴン! おるあー!

私「しゃあ、掛かった!」
ヨメ「わ、一発じゃん!」
私「よし・・・・あれ?」

・・・。
・・・・・・。(シクシク)

ヨメ「どしたの? ・・・あーw」
私「・・・あーちくしょー!orz」
ヨメ「やっぱりねーwww」

アオヤガラ 投げやりに寄せると案の定のヤガラ君、抜き上げると文句ありげな目でブーブーw
そのデカい目でこっち見んな! あと魚のくせにブーブー鳴くな!w

暑くなってきたのに食え、ブーイングを食らって戦意喪失、撤収!


朝飯後、ヨメさんが泳ぐと言い出したので、再び2人で湯泊港へ。
ヨメさんはイカポイントである堤防外側の潮通しへ向かう、その間にエギを垂らしてイカを1匹GET、しかし幼女イカだったのでさようなら。
その後も何匹か引っ掛けたが全て小さい、結局全リリースで終了。

なお帰り間際、船溜の筏?の周りに数匹イカがいるのを発見、筏に乗ってホイホイしてみたら、足元1メートルのほぼ海面で、エギを抱く瞬間をエギの側から観察できた・・・うんキモい、実にキモいw
食うと旨いのは確かだが、ありゃあエイリアンだわw


以上、結局獲物らしい獲物無し! ブーブー!

前の釣行

イカ三昧
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング