イカだけー

朝、5時に起きて釣りに行こうと起き出すと。

ヨメ「私も行こうかな、温泉に入りたいし」
私「んー、好きにせえ、チビ共には書き置きして行くか?」
ヨメ「・・・夏休みだし、起こして連れて行こうw」
私「・・・マジかw」

ってなわけで、薄暗い内から一家総出で湯泊港へ!w
ヨメチビ共を温泉で降ろし、私は堤防の先端へ。

(略)

まあ魚は全く釣れなかった・・・が、帰りがけにまた200グラム位のイカを1匹引っ掛けた。残っているゲソと合わせてシーフードパスタになるそうな。


ところでだ、最近ヒマな時に、順に手持ちのリールの分解整備をしていたのだが、先日、去年買ったシマノのセドナ4000HGを分解してみた。
コイツはしばらく前にゴリ感が出てきて調子が悪くなり、それで先月急遽同シリーズのC3000HGを買い、今はそちらをメインに使っている。

で、その4000HGだが、直れば儲けものだと全てのグリスを灯油で洗い流して新しいグリスを入れてみたのだが、何度組み直してもゴリ感が無くならない。
見たところギアには摩耗らしい摩耗もないし、原因が判らん・・・うーん、原因がはっきりすれば、そのパーツだけ注文して現役復帰させられるのにな、コイツが使えるようになれば嬉しいんだが・・・。
と、何気なくまた分解していると、メインシャフトがピニオンギアから抜けん・・・あれ?

何とか強引に抜いてよーく見ると・・・なんとメインシャフトが曲がっているではないですか奥さん!?
いや、マジで驚きである、こんなの曲がることなんてあるのか? ・・・あ。

・・・原因判明!
しばらく前、魚待でGT(たぶん)が掛かっちゃんた時、走りを止めようとスプールを押さえてのガチファイトをしたのだが、その時だと思われます先生!
ラインはスプールから横方向、つまりシャフトと垂直になるわけだが、そこを押さえ込んで引っ張り合いをした結果、スプールの軸であるメインシャフトに過度の横方向の力が掛かった結果、曲がってしまったのだろう・・・気付いてみればなるほど納得である。

ってことで、パーツリストをプリントしてメインシャフトを指定し、ドラモリに行ったついでにサムズでメインシャフト(\500)を発注!
使えないこともないのだが、エアノス12のアームカムバネ(\100)、つまりスプールを戻すスプリングが折れて戻す力がダウンしていたので、ついでにそちらも発注!
計600円で手持ちのリールが2つ蘇るぜヒャッハー!

ってなわけで、よい子の諸君!
調子の悪いリールは、後学のためにもダメ元でバラしてみるといいかもだぜ?

前の釣行

エギで魚GET
HOME