満身創痍・・・



朝、6時前に目が覚め、左手の人差し指を見て、昨日の悪夢を思い出した。
そして小便に行くべく立ち上がると、右足の指先と、足刀から踵までが晴れていたのを思い出した・・・これはどうやら、気付かない内に変な虫に刺されたっぽいぞ、という結論になったのだが、とにかく立って歩くとジンジンして痛い。

うーむ、これは普通に考えて、今日は自重しとくべきだよな・・・。

がしかし!
普通になんてもんに興味なんぞ無えんだよヒャッハー!w

そんなこんなで、全く凝りず、更には足を引き摺りながらも、今日もまた湯泊港へ。

(略)

昨日の仇敵と同じ、30センチ無いくらいのホウライヒメジが1匹釣れただけ、帰れコンチクショー!

立ち続けていたら足の痛みがひどくなってきたので、少し早いが帰ろうとすると、足元でバチャンバチャンとヒラアジ系の小ナブラが湧いた。
マジか来やがったかカスミアジ共め、そう、お前らを待っていたんだよヒャッハー・・・あん?
見ると、ヒラアジ型なのは確かだが黒っぽい・・・ということはカスミアジではなくオニヒラアジか。
まあとにかく60~70センチ位の20~30匹の群れがゆっくりと横切っていく、おっしゃ迎撃開始!

・・・しかし群れの所在がわからなくなるまでにペンシルS、ペンシルF、ジグと投げてみたが、残念ながら食わせ切れず・・・orz
うーむ、もっと小さいジグにしてみるべきだったか・・・。

とにかく足の痛みがひどくなってきたので、片足を引き摺りながら撤収!



夕方、更に痛みを増した足を引き摺りながら、今度は家族揃って夕涼みにやって来た。
日差しが弱まり、程よく風もあって非常に快適である。

ヨメチビ共はその辺を散歩したりしながらのんびりしているので、その間に少しだけ投げてみる、よっしゃ来やがれカスミアジまたはオニヒラアジ共!

(略)
・・・何も釣れねー!

つーか、ちょっとベタ凪過ぎだな、と思っていたらヨメチビ共が先端までやって来た。
話しながらしばらく投げていると、何か怪しいクリーチャーが、温泉の向こうの岩場からこちらへ泳いで来た・・・湯泊の河童、T氏であるw

堤防の上と下という妙な位置関係で、指に針刺しちゃったよーなどと少し話す。
何でも今朝、大瀬(少し沖の岩場)の辺りに、カスミアジとナンヨウカイワリとツムブリとオニヒラアジの混成の群れがいたそうだ、やはり今朝の黒いのはオニヒラアジで正解らしい。

ヨメ「えーと、ところでTさん・・・なんか履いてる?w」
T「もちろん、肌色のウェットスーツを着ている・・・まあ心の汚い人には見えないやつだけどw」
俺「・・・いや、ケツの割れ目見えてるからwww」

・・・温泉から全裸で泳いで来てやがりましたさ・・・動画撮ってやったけど、誰か見たい?w

カンパチのお子様(33cm) そんなこんなしていた横で小規模ナブラが発生、すかさず付けていた小さめのジグを投入すると一発でヒット、おー、大きくはないが青物じゃ!
そんなに重くはないので一気に抜き上げてみると、30センチちょっとのネリゴ(カンパチの小さいやつ)、この前釣れたのがなかなか旨かったらしく、ヨメさん歓喜。

薄暗くなってきたのでここで終了、撤収!

前の釣行

病院送り \(^o^)/
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング