さっぱり



妙に忙しいのでまとめ書き。


土曜日!
朝は余裕で寝過ごす!
夕方からは平内の海中温泉祭りで拘束されるので、いけるのは昼間しか無いのだが、曇っていて風もあり涼しそうなので、昼飯の後で湯泊港へ行ってみる。

(略)

いや、途中から非常に明確な潮目が差し込んできて、堤防角から斜めに浮遊ゴミが直線状に並んで境目では小さな渦が多数できて、まるで海が割れたようになり、その周辺ではキビナゴが跳ねまくって、これで釣れなかったらウソだろってな状態になったのだが、しかし全く魚の姿は無し・・・ううむ。

面白かったのは、その潮目の左右で、水の透明度が全く違ったこと。
左は透明度が低くて底の方までよく見えないのに、ほんの数メートル右側では、底の魚礁の穴から出入りする魚がよく見えるのだ。

とにかく、あらゆる層をあらゆるルアーで探ってみたものの、結局2時間近く粘って、潮目近くではアタリの一度も無かった。
帰り際、ふてくされて内海側で投げたらエソが釣れた、バカにしてんのか・・・撤収!

日曜日!
前夜の祭りで疲れ果てていたので、夕方に少しだけ湯泊港へ。
途中の潮通しでエギを投げてみたら子イカが4~5匹釣れた、全てリリース。
先端には先客が居たので、手前の岩場の辺りで適当に投げる。

(略)

エソとちっこいゴンベたん(イソゴンベ)が釣れただけ! ふんだ!


月曜日
朝5時半から珍しく魚待へ。
潮目が見えるが遠く、沖合300~400メートルくらいか。

(略)

小一時間ほど投げてみたが、びっくりするほどユートピア何も無し!
ダツが2回ほど突いてきただけ。
暑くなる前に撤収!


夕方、懲りずに湯泊港へ。
(略)

エソ1匹だけ!
先端足元を港内側から外海側へ、GT2匹組がのんびり泳いで行った。
帰り際にエギを投げてみたら、子イカが3匹ほど釣れたがリリース・・・コイツら、時々キビナゴでも与えてやったら早く大きくなるかな?w

ってことで全然釣れてないです、海水温が2度近く高いらしいので、そのせいなのか。

前の釣行

パッとしませんぬ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング