痛恨の大バラシ!orz



昨夜はちょっと仕事で遅くなってしまい、​朝は余裕で寝過ごし、昼間は暑いので家で仕事をし、夕方長女を迎えに行ってから、17時過ぎにのんびり湯泊港へ。

見慣れた軽トラが停まっていて、先端角でよく会うおっちゃんが釣っているようだ、昨日もこの時間にいたな。
のんびりとイカチェックをしながら堤防を進むが、豆イカサイズがワラワラいるだけ、まあ干潮直後でまだちょっと潮位が低いか。

で、先端まで辿り着くと・・・あれ、おっちゃんがしゃがんで海面を覗き込んで何かやってるぞ・・・お、何かデカいの掛けて引き上げてるな?
最先端部への階段を登ったところで、ちょうどおっちゃんが魚を無事に堤防の上まで引き上げた。

イトヒキアジ(私が釣ったんではないw) 私「こんちわー、何釣れましたかー・・・ってデカっ!?」
おっちゃん「いやー、バケモンみたいの釣れたわーw」
私「おお、カッポレ(GTのこと)ですか?」
おっちゃん「んー・・・これ、カッポレか?」

デカいヒラアジ系に見えたのでGTかと思ったが、近付いてよく見るとイトヒキアジである、優に80センチはありそうだ。

私「あーこれ、イトヒキアジってやつですよ、大きいのは旨いらしいですよー」
おっちゃん「おーそうか! ・・・これ、置いといたら傷んじゃうよなー・・・」
私「んー、まだ暑いですからねー」

おっちゃん、しょうがないなー、もう少し釣りしたかったんだけどなー、とかニヤけ面でブツブツ言いながらw片付けをし、魚を持って嬉しそうに帰って行った。
おっちゃんと入れ替わりで先端角に立つ、よーし俺もあんなヤツを釣ってやるぜヒャッハー!

(略)

小一時間後

・・・まあ、あんなのがそう簡単に釣れたら世話ないですよねー・・・。
そもそも今日はピーカン&ベタベタなベタ凪なわけで、おっちゃんがあんなのを釣っていなかったら、釣れる気なんて全くしない天気なんだよ。

・・・と思っていたら、18時を回った頃に、堤防先端の向かい側、つまり海中温泉手前の岩場の近くで、ナブラが発生した。
おお、最近チョロチョロしているシオッコ(お子様カンパチ)以外のナブラなんてマジで久しぶりだな、でもまあ、都合良くこっちには来ないですよねー、とか思っていたら、なんか徐々にナブラがこっちに近付いて来ているぞ、まあまだ200メートル以上はあるけど。

しかし。
・・・あと200メートルくらいか・・・いや、もう200メートル切ったか?
・・・・・・あと150メートル・・・おいおいマジか、来ちゃうのか?
おお、ありゃあかなりデカいな、まあ群れている時点でGTではないが、ブリの季節ではないしツムブリか?
でもあの少し間隔が空く、間延びした波紋の大きな跳ね方はヒラアジ系の気がする、ということはカスミアジか?

その間にも群れはまっすぐにこちらに近寄って来る、足場と後方と落としダモを確認し、35グラムのミノーをセットし、念のため左手にグローブ代わりの軍手をして、リールのドラグをキツめに調整する、うん、まあ3キロ程度までの魚なら、ほとんどラインを出されずに仕留められるはずだ。
群れの先頭との距離が100メートルを切った、もう少し我慢・・・ざっと70メートル、よっしゃ行ったらんかーい!

弱い追い風に乗って、ミノーは群れの先頭のすぐ先に落ちた、よし、ほぼベストポジションである!
テンションフォールで3秒待ち、軽くトゥイッチ・・・グンッ!

よっしゃもう来やがったぜ!
思いっ切りフッキング!

ズン!

水面で、まるで根掛かりしたかのような重さが乗った。

私「っしゃあ来やがったぜヒャッハギュッジイイィィィーーー!

私「!?あばばばくぁwせdrftgyふじこlpー--!?」
やばい全然止まらんどころかすげえ勢いでラインを出されたぞ誰だ3キロ程度までならラインほとんど出ないとか言ってたバカは!?
いやバカなりに考えてこの前3キロ半のツムブリを瞬殺で釣った時よりもしキツく締めたつもりなんだがな!?
慌ててドラグを更に締め増すが、ほぼ締め切ってもラインがズルズル出ていくぞおい!w

わたわたしていると、足元の堤防の角を群れの先端が通過した、やはりカスミアジだったが、しかしデカいなおい!?
せいぜい60センチかそこらと思っていたが、明らかに70センチを余裕で超えていそうなのが何匹もいる、あんなのが掛かってるってことか!?
というか、途中でリールのドラグの音がしなくなった、ライン出されているのにである・・・中でドラグ音を出しているピンが外れるかどうかしたらしい、うごあー!

ヒラアジ系で70センチ超えということは5キロ超えである、やばいちょっと想定を超えている・・・がしかし、食えりゃいいんだよ、そう、仕留めて食うんだよ5キロの魚肉をぉぉ!w
さすがに走りが鈍ってきていたところを、スプールを手で抑えて止めに入る・・・よっしゃ止まった、いけるぜヒャッハー!

ぐーっとスプールを押さえたまま持ち上げ、巻いてを2回繰り返したところでセカンドラン開始、さっきほどの勢いはないが左に走った、あまりスピードはなく今度はドラグはほとんど出ないので、ロッドを立ててアタマを上に向けようと・・・プツン!

あれ?
・・・。
・・・・・・え”。
・・・・・・・・・・・・バレたああーーーーーーーーー!?

なんか嫌な手応えがしてテンションが消えた・・・。orz
呆然としつつ巻いてみると、あれ、手応えからしてラインブレイクかと思ったのにミノーは付いてる、掛かり方が悪かったか・・・うがーツイてねー!orz
ルアーを回収してリーダーをチェックし、急いで投げてみたものの、既にナブラは収まっていて群れは通過した後らしく、反応無し・・・。

壮絶にふてくされながら撤収!

前の釣行

GT注意報!
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング