結局イカだけ



一応早くに起きたには起きたのだが、寒かったので二度寝。
7時過ぎにやっと布団から這い出し、のんびり朝飯を食べ、チビ共を学校へ送り、ヨメさんとAコープに買い物&荷物を送りに行き、その帰りにちょっとだけ尾之間港に様子見へ。
15分程覗いてみたが、イカの姿は見えず、帰宅。


家に戻ってから1人で湯泊港に哨戒へ。
思ったよりも風は無いが、曇り空が海面に映り込み、イカサーチの感度が大幅ダウン・・・がしかし、先端へ向かう途中の(階段のない)段差の外側、海面下およそ4~5メートル下に、ほとんど動きのない浮遊物5~6個を一瞬微かにだが視認!
ただでさえ曇天で見通しにくいのに加え、海面が落ち着くことがない場所なのでとにかく見辛い・・・が、とにかくエギを付けて、おおよその深さまで沈め、ホイホイと海面まで上げてくると・・・よっしゃやはりイカである、追って来たぜゲヒヒ!w

ふはははは、俺様に見つかったのが運の尽きだ、念仏唱えながらさっさと抱きやがれ、そーれホイホイホイ・・・はい抱いた!
ヒャッハー、あっさりイカGET! 居場所さえ判ればこんなもんだぜ!
ちょっと小さいが、最近あまりにも魚日照りなのでヨメチビ共用の刺身になってくれたまえ!

アオリイカ すぐに続けてエギを投入、同じ位の深さまで沈め、さてホイホ・・・Oh!?
シャクったら途端に重さが乗った、せっかちさんがもう抱いてやがったぜヒャッハー!
しかも見えイカにしては大き目である、少し慎重に抜き上げて無事GET!
しかしコイツがやたらと景気良く墨を吐いてくれて、お陰で群れが散ってしまった、挙句にエギを派手にガジガジしていたらしく、エギの背中ががズル剥けになって大人になりかかっていた・・・ちっ。

とりあえずイカ2匹は確保した、イカを先端手前の段差の日陰に置き、先端で今度は魚相手の用意をする・・・が、あれ、ジグのアシストフックが無いぞ?
ジグの数だけアシストフックを作るのが面倒なので、数本用意しておいてジグと一緒にスナップなりに通すのだが、そういえば磯用のタックルの方にごそっと入れた気がする・・・。orz
まあいいやで、1本だけ入っていた少し怪しいフックを付けてキャスト開始、その1投目の巻き終わり近くにグンッ! ファッ!?

なんか知らんがギラギラ光る幅広な魚がバッと現れて食い付いきやがった、反射的にフッキング、おっしゃ乗った!
ジッ・・・ジイイーッ!
とっとっとー!?  なんか知らんが重いぞ!? ドラグは少し緩めにはしてあるがいきなり少しラインを出されたぞ、なんばすっとね!?
素早くトラグを締め増しして追いアワセを入れ・・・た途端に外れた・・・なんでだー!?orz
うーむ、ちょっとフックがアレだったのかな・・・ちくしょう!
その後続けるも、掛かってくるのはダツばかりで、30分ほどで飽きて諦め、イカが丸干しになる前に撤収!


夕方、再びイカ狙いに行ってみたものの、今度はまるっきり反応なし。
魚の方は、またダツが突いてきただけ。Suck!

前の釣行

濡れただけorz
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング