一応イカは釣った



今朝は天気がいいので歩いて学校へ行く! とチビ共が言うので、ではのんびり逝ってきますぜー、と7時前に湯泊港へ。
前の学校がそうだったので、どうにも学校へは送迎がデフォになってしまっている我が家である、まあその分チビ共は色々なことに時間が使えるし、私も苦にはならないので、別に構わんのだが。

さて湯泊港。
うむ、風もほとんど無く、昨日に続き好天である、非常によろしい。
・・・がしかしベタ凪な上に満潮潮止まりである、そういえばそうだったよ!w

そんなわけで、1時間ほど投げてはみたものの、ダツのアタリさえも無し!
帰り際にネチネチと底を探ったらやっと反応あり、しかし30センチもないオジサンorz

挙句、その次のキャストで根掛かり!
外れないので軍手でPEを引く・・・うおー切れん、うおりゃー!
プツン!

・・・PE高切れ! \(^o^)/ orz

半ベソかいて撤収!


帰って朝飯を食い、新しいPEを巻き直してリーダーを結んでいると、ヨメさんが天気もいいんだしどこかへ連れて行けと言い出した。

私「いやあんたこれから陶芸じゃん?」
ヨメ「うん、だからお弁当買って12時に迎えに来てね♪」
私「・・・はい・・・」

ヨメさんを陶芸に送り、11時まで仕事。
11時過ぎにAコープまで走り、弁当を確保、20分ほど時間があるので尾之間港へ。

さてイカチェック開始。

・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・あ、めっけ。フヒヒw

堤防外側、岩場の深みの底の方に、少なくとも3匹を視認!
昼間のイカ釣りは、視認できるかどうかが勝負の分かれ目なんだよなー、見付けられれば7割以上の確率で釣れるし。
ってわけで、オレンジのエギでホイホイ開始!
よっしゃ、浮いて追って来た・・・しかしどうも煮詰まらず、エギをつついてはくるがしっかり抱かない、ってことで数分でエギを青にチェンジ!

そーれホイホイホイ・・・はい抱いた!
ヒャッハー、目論見通りにイカGET!
すぐに再キャストで、立て続けにもう1匹イカGET
両方共200グラム位だが、探索含めて15分程としては上々である、以上、撤収!



ヨメを拾って一旦家に戻り、イカを冷蔵庫に入れ、弁当を抱えて魚待へ。
珍しく西側にも人がいるが、とりあえず釣座を決めて弁当を食べる・・・と、右隣のサングラスに申しの人が、めっちゃにこやかに手を振った。

私「!?」

誰か判らなかったので左を見たが、そちらにも誰もそれらしい人はいない、とりあえず会釈したものの誰ですか状態。

ヨメ「?誰?」
私「んー、わからん・・・釣り場で会ったことある人かな?」
後で帰り道に車が停まっていたので気付いたが、尾之間のY君の父ちゃんだったらしい・・・帽子で髪型も判らんしデカ目のサングラスしてるもんだから全然全くちっともさっぱりこれっぽっちも判らなかったよすんませんw

で、釣りの方は、ダツのアタリが2回あっただけで撤収!



夕方、次女を拾って少しだけ湯泊に行ってみたが、人が多くて事実上の場所無し。
岩場近くでちょこっとだけ投げて帰宅!

・・・なんか魚が釣れんのう・・・。

前の釣行

パッとせん
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング