ウナギに手を出すw



​朝、日の出前に目が覚め、釣りに行こうかとも思ったが、風の音がかなりしているのでそのまま二度寝。​

7時過ぎに起きて朝飯を食べ、チビ共を送り出すと、魚待の下り口に車が3台も停まっている・・・釣れてるんかいな?
しかし東風が強いし、釣りになるんかいな・・・と思いつつ、ちょっとだけ様子を見に下りてみる。

着くと4人が竿を出しているが、やはり東風が強い上に大潮の満潮なので、いつも私が立つ場所は波をかぶって全く無理。
そもそもおっちゃん達はウキ釣りなので、横風だろうが適当に投げて波風に任せて流しておけばいいのだろうが、ルアーの場合はそうはいかない、ライントラブルの連発が目に見えている・・・うん、諦め。

なお河口側のワンドに行ってみるとメッキらしい影が見えたので、追い風になるしと弓角を投げてみたら掛かったものの小さい、さようなら。
数投してみたが同サイズばかり、それもあまり活性は高くないっぽい、まあいいや、帰ろ。

帰宅して軽く仕事をし、昼飯がてらに小瀬田まで買い物に出掛ける。
ヨメさんが食べたいというのでモスバーガーで昼を食べ、サムズでダツ対策用に12号のフロロを買い、ミノーを1つ買おうと選んでいると、湯泊温泉脇の寿司屋「はまゆ」のおっちゃんとばったり。
なんでも内側の堤防で5キロ位あるバカでかいゴシキエビを掛け、抜き上げ時にテンヤの針が伸びて落としてしまったそうで、新しい丈夫なヤツを調達に来たらしい・・・5キロのエビって・・・まあニシキエビとかゴシキエビはトンデモサイズにまでバカでかくなるのは知っているが、あんなところにもいるんすか・・・。
もし釣れたら足2~3本でいいんで下さい、とお願いしといたw

なおおっちゃんによると、ここしばらく南の磯にオボソ(スマ)がいないらしい、ホロ曳きしている船でも全然掛からず、たまーに掛かっても30センチ位のお子様なんだとか。
ふうむ、なかなか安定しないな、まあ気長に通ってみよう。
更にサムズでは湯泊の「海の▲汀路 ●ぃーだ」のNRM氏夫妻+赤さんにも遭遇。
その後もドラモリでおっちゃん&NRM氏と再びの邂逅・・・狭いぞ屋久島、そしてみんな同じ行動してるなw

買い物を済ませて家に戻って軽く仕事を片付ける、ヨメさんは近所の友達(次女の同級生の母ちゃん)に家に行った。
夕方、さて釣りに行こうと思ったら、てっきりヨメさんの方に行くと思っていた次女がまっすぐ家に帰って来てしまい、結局出掛けられず。orz



晩飯間近となった頃、思い付きで裏の川にウナギ釣りの仕掛けでも仕掛けてみるかー、とか思い、水汲みバケツ用のロープ(実は緊急時に人間を引き上げられるようにと耐荷重200kg以上のパラコードにしてある)に大型サルカンと遊動式にしたオモリをセットし、8号フロロを少し大き目の針に結び、冷凍庫にストックしている豆アジを付けて、ヘッドライトを着けて橋まで持って行った。
ちなみに途中でタヌキが2匹いた、タヌキとイタチは定着しているようで、たまに見かけるよねー。

徒歩1分ちょい、橋の上から、さーてどの辺に落とそうか、と下を覗き込むと・・・え”っ。

マジっすか・・・思いっきり真下にウナギがいるんですけどw
しかもデカい、1メートルくらいはある、明らかにオオウナギ(この辺ではゴマウナギと呼ぶ)である!

ヒャッハー、こいつは明日は蒲焼きか!?
山椒の入手の心配をしつつ、ライトを消してそっと仕掛けを投下し、一旦帰宅!
ウナギが見えたぜ、と盛り上がりつつカレーを食い、見に戻ったらエサが取られていたorz
やっぱその場にいてアタリを待ってないとダメかなー・・・。
まあしかし、あんなデカブツがこんなに近くに、それも確実にいることが判ったのだ、近日中に何とか釣って食ってやるぜ!

前の釣行

釣れーん
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング