なんか疲れた・・・



朝、寝坊しつつも夢遊病的に湯泊港へ。

昨夜寝るのが遅かったせいか眠気が抜けないので、先端で15分ほど投げてダツをシバき、すぐにイカに切り替えて堤防を戻る・・・ぶっちゃけ眠い、寝ときゃ良かった・・・。orz
帰りがけにテトラ脇で結構いいサイズのイカを掛けたのだが、足元まで寄せたところでフックアウト・・・つかーん。


朝飯を食べてやっと目が覚めてきたが、ヨメチビ共が海へ釣れて行けという、どこへ行くんだと聞くと、なんとトローキの滝の先の浜へ行くという・・・マジっすか、あそこの崖をチビ連れて降りるの大変じゃん・・・しかもあそこ小さいメッキしか釣れないし。
まあいいや、じゃあ早めに昼飯食ってから行こうぜ、となる、あそこは干潮じゃないと濡れずに浜に降りられないのだ、そして干潮は12時半頃である。

メッキ(ギンガメアジ) じゃあ、それまでちょっと魚待の様子見てくるわー、と出掛け、さっと探ってみるも、またダツと20センチ位のメッキだけ。
少し沖をオボソ狙いの船が行き来しているので、いるんだとは思うが、干潮前で魚が抜けた後だったか。
しょうがないので、ヨメさんが好きな巻貝を採って帰ったw


家に戻ると、昼飯を食べてから出掛けるはずが、弁当ができていた、向こうで食べることになったらしい。
そんなわけで弁当を抱えて出掛け、ぽんたん館に車を停め、トローキの滝展望台の崖を下りる・・・なんでウチは娘2人なのにこういうのが好きなんだよw
こんなところまで人が来るわけもなく当然貸し切りだ、のんびり弁当を食べ、適当に投げてみるもメッキさえおらず・・・まあ干潮潮止まりだしな、こういう場所は潮位が高くないと話にならんよなあ。
ひとしきり子供達を遊ばせて、通り道が水没する前に撤収。


トローキの帰りに、ヨメチビ共が尾之間で図書室へ寄るというので、その間30分だけ尾之間港へ行ってみる・・・と、地元の小学校高学年~中学生くらいの子供達婦が、飛び込みまくって泳いでいた・・・元気だのう、寒くないんかい。
ってわけで、イカも全く見当たらず。

夕方、力なく湯泊港へ・・・先端の方には何人か釣り人がいてN父もいるようだが、先まで行く元気がなかったので、私はテトラ脇でよっこらせーのウキ釣りである。
用意しているとN父も父がやって来て少し話し、サラミをツマミにノンアルコールビールを飲みながら、しっぽりと釣りを開始、エサは少ししか持ってきていないので短時間勝負。
寒波らしく気温が低いのと、少し風があって肌寒いくらいだ、ホットウィスキーでも欲しいところである。
結局アカマツカサとチビヘイケしか釣れず、本日獲物なし。


・・・なんか疲れた一日だったw

前の釣行

ぱっとせぬ・・・
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング