3投しかしてない・・・



朝、目が覚めると4時だった・・・さすがに早過ぎるので二度寝し、次に目が覚めたのが5時半前。
起きて外の様子を見ると、ほぼ無風だが結構厚い雲が掛かっている、うーむ、魚待にするか、それとも湯泊港にするべきか。

とりあえず紅茶を飲み、まあ魚はあるし、一発狙いで魚待へ行ってみることにして、タックルを堤防用のケースからバッグに移し、ロッドとギャフを持って出発、まだ薄暗い海沿いの森の道を通り、岩場を通っていつものポジションへ。
着くと、まあ満潮ピーク後間もないので結構潮位は高いが、波はベタ凪の一歩手前なので問題無い、やーっと磯で安心して釣れるぜ!

とりあえず早朝だし河口近くでもあるので、ペンシルFを付けてフルキャスト、サラシっぽくなっている辺りを通るようにしてみる。
1投目、2投目は反応無し。
3投目、着水&数秒待ってからアクション開始・・・と思ったら雨が降ってきた・・・。orz
おいおいマジかよ、雨雲レーダーじゃあと1時間ちょっとは大丈夫っぽかったじゃないディスカー!

ぶーたれながらアクションを続けていると、小雨ながら徐々に雨脚が強まってくる、うーむ、こりゃあ撤収かな・・・。
私は、雨だろうが波飛沫だろうが、服を着ていて濡れるのがとにかく大嫌いで、雨の中釣りを続けるバイタリティーは全く持ち合わせていない。
そして何よりも、岩場が濡れて滑るようになるのが非常に嫌だ、ただでさえここは地層が傾斜していて、つまり岩の表面が斜めになっている部分が非常に多く、雨でなくても足元は要注意なのだ。

とにかく、滑って転んで怪我をするなんて絶対にゴメンである、これを巻き終わったら帰ろう・・・と思っていたら水面が軽く爆発、ファッ!?
一呼吸してからフッキングを入れるとガツン!
おお、なんか知らんが乗ったぞ、結構重いわい!

追い合わせを1発食らわせると魚が暴れ始めた、ウホッ、なかなかいい引き・・・だが、なんかダツっぽいな、と思ったらジャンプ、やっぱりダツぇ!orz
ゴウンゴウンと振り回すような手応えに加えてビンッという微かな手応えがある、うわーリーダーに歯が当たってるっぽいぞ、もう嫌な予感しかしない。
とにかく、外れないならさっさと寄せて上げてしまわないと高確率でラインを切られてルアーを持っていかれる、くそーとっととこっち来やがれコンチクショーめ!
・・・と思ったらテンションが消えた、ルアーは無事かいな・・・おお大丈夫だ、さっさと巻き巻きー!
ダツにやられたの図 ルアーを回収してみると、リーダーは傷だらけ、リーダーとスナップはソリッドリングを介してハングマンズノット&ハーフヒッチで結んでいたのが、ハーフヒッチで締めた部分が解けていた、更にルアーにはがっつりヤツの歯痕が・・・そしてスナップは歯に引っ掛かったらしく開いていた・・・あっぶねえ、激ヤバである!
ルアー持っていかれなくてラッキーだったぜ、こりゃあそろそろリーダーを太いのに替えて、スナップもスプリットリングにしないとやられるな・・・。

ダツは春頃に一番デカいのが釣れるのだが、既に結構大きくなってきていてこの前も1メートル位のが掛かった、対策しないと、あの長い口と、長くて多数の歯、長い体を振り回しての暴れ方で、頻繁にラインを切られるかスナップをひん曲げられるかしてルアーを持っていかれ、被害甚大である。

とまあ、雨が振ってきた上にリーダーも傷だらけでやる気消滅、さっさと撤収!

・・・せっかくここまで下りてきたのに、3投しかしてないわ・・・。orz

前の釣行

キントキ&デカメッキ&アオリイカ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング