オバサン釣れました



朝、6時半近くになってから散歩がてらに湯泊港へ。
今日は朝の陸上記録会とやらがあるらしく、7時半には長女が家を出るらしいので、あまり時間は無い。

小学生の陸上の記録なんて全く意味無いどころか、そのための特訓をするなんて最終的には体の成長に悪影響しか与えないってことを、この辺の自治体の連中って解ってるのかな・・・まあ解ってたらやらないよな。
そんな無駄なことにさんざん時間を費やしておいて、地域の学力が伸びないーとかやってるんだから、呆れてものも言えんわい。

さて着いてみると結構波が高い、フィリピン沖の台風がオバケレベルに発達しているのでそのうねりが来ているわけだ、こりゃあ磯なんて行った日にゃ、時々死ぬな。
しかし海の感じとしては最高である、今日はイカには目もくれず先端へ行き、キャスト開始。

北方面からそこそこの風が吹いているので、港内側と東方面を捨て、沖へ向かってジグをぶっ飛ばし、表層から順に探っていく・・・数投目の巻き終わり近くで一瞬クンッと重さが乗ったが、フッキングを入れると空振りでジグが跳んできた、危ねえw
その後もたまにジグと弓角を替えながら探ってみるが、全く反応無し・・・そしてやがて時間切れ。

うーん、このまま満潮まで続けてれば釣れそうなんだがな、この海の感じで釣れなかったらウソだろ。
まあとにかく朝の部は終了!

晩飯を食べてから、軽くエサ釣りで2回戦、目標は焼き魚である。

・・・って、波高っ!
いや暗くてよくは見えないんだが、堤防の途中を波飛沫が濡らしている、テトラ脇も、沖から寄せる波で半分近くがサラシ状態になっている、うへー、満潮近くとはいえ、こりゃマジで荒れてるな・・・。
今日は潮通しで釣ってみようと思っていたのだが怖気づいた、テトラ脇でいいやw

(略

ウミヒゴイ 結果:40センチちょっとのオバサン1匹のみ!orz


*オバサン
ヒメジ科の魚「ウミヒゴイ」の我が家での通称。

命名の理由は、

1.オジサンの仲間である (中年)
2.やたら体色がきれいで、少しケバケバしい (厚化粧)
3.やたらと簡単にウロコが剥がれる (すぐに化粧が剥がれる)
4.引きが弱い (若々しさが無い)
5.腹を開くと腹腔の内膜が黒い (腹黒いw)
・・・という諸々の理由によるw

ちなみにオジサンの仲間では一番クセが無く旨いとは思う。
しかし如何せん我が家ではオジサン系は不人気なので、N父に連絡して中木原商店前で引き渡した。
なおN父、栗生でデカいキヌベラを掛け、元々ガタがきていたロッドをへし折られたらしいw

以上、帰ってビール飲んで映画見て就寝!

前の釣行

今日もイカの罠に嵌まる
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング