今日もイカの罠に嵌まる



朝、一度は目が覚めたのだが二度寝してしまい、目が覚めたら7時過ぎ・・・思いっきり寝過ごした。

まあいいや、何だかんだで魚はあるし、今日はのんびりしておこう。
チビ共を送りがてらにゴミを出し、のんびり朝飯を食べてそこそこに仕事をし、昼からは一仕事やっつけた後、ちょっと山の手側を探索ドライブし、ついでに次女を拾って、更についでに小島方面の次女の同級生を宅配し、そのまま買い物に行き、やっと落ち着いたのが16時過ぎ。
お茶を飲んで、16時半過ぎになってからやっと湯泊港へ・・・魚待へ行こうかとも思ったが、結構波がありそうなのでやめ。

着くと主に内側に、イカ釣りっぽい人が何人かいる、堤防への階段を登り、テトラ脇で竿を出していたおっちゃんい様子を聞くと、何匹もいるが、寄っては来るのにどうしてもエギを抱かねー! とぶーたれていたw

華麗にスルーして潮通しまで進み、試しにエギをポイしてホイホイしてみると・・・あ、波で見えないけどなんか乗ったw
ちょっと重かったので慎重に弱らせて寄せる、落としダモなんて無いので、慎重に、しかし素早くコリコリ巻き上げ、無事確保。
よっしゃ、今日も元気にイカGET!

その場所では2匹目以降は見当たらなかったので、イカサーチをしながら先端へ進む・・・ってダメだ、俺は魚を釣りに来たんだよ!
どうもイカがいると釣ってしまい、その分ルアーを投げる時間が少なくなり、当然釣れる確率もだだ下がりだ、イカ共の罠に嵌ってどうする!

心を鬼にして先端部へ進み、足元を見ると・・・イカがこっちを見てるじゃないイカorz
涙を流しながらエギを落としてホイホイすると、すぐにイカが寄ってきて、まもなくエギを抱いた・・・が、掛かったのは足一本である。やべえ。
ほとんどドラグをフリー近くまで緩め、泳がせるだけ泳がせて弱らせてから足元まで寄せ、備え付けの落としダモの方へ曳いていこう・・・としたら外れたorz
ぶーたれながら、ジグと弓角を5投ごとに交換しながら各方向を叩いてみるが、魚の反応は無し。
あーもう、判りやすくナブラでも立ちやがって下さい、とか思っていると、漁船が猛スピードで出て行き、その時点で戦意喪失。

まもなく5時半だ、あと20分程で日没なので、もう1匹イカ引っ掛けて帰ろうと堤防を戻る。
潮通しは反応が無く、テトラ脇まで戻ってみると、さっきのおっちゃんは既にいないが、おっちゃんのいた辺りに新しいイカの墨痕がある、あの後釣れたらしいな。
しかしテトラ脇には既にイカの姿は無い、しかし内側のテトラの近くにぼっちイカを発見、エギをポイしてホイホイ・・・はい抱いた!

針に掛かったイカが泳ぎ始める・・・え”、また足1本だ、しかもさっきのよりも重い、余計にヤバいw
とにかく慎重に弱らせ、走らなくなってから、ゆるゆるドラグのまま巻いて足元まで寄せる・・・リールはドラグゆるゆる過ぎで8割方空回りしている有様だが、何とか足元まで寄せることに成功。
そこからは運任せだ、身切れするか、足がちぎれるか、無事に上がるか・・・ええい、ままよ!

アオリイカ ドラグを締め、ハンドルを回す・・・揺らさないように、しかしなるべく短時間で抜き上げなければならない。
・・・・・・・・・っしゃあ、確保お!
なんだか必要以上にスリルがあって楽しめたw

まあ2匹釣れれば、1時間ほどの釣果としてはそう悪くはない・・・って、またイカだけだよ・・・。orz
以上、撤収!

前の釣行

よくわからん1日だったw
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング