スマがばんばか釣れました



昼食後、ヨメチビどもが泳ぎたいと言い出したので、湯泊港脇の潮溜まりへホイホイと連れて行った。

もちろん私は朝のリベンジである、今回はクーラーに保冷剤を入れて来たし、渡辺商店でパッカンも買ってきた、更に弓角のハリスも新しくしてきた、準備万端である、ばっちこい!
先端に着いて、試しにまずジグを何度か投げてみるが反応無し。ふむ。

よし、ネズミじゃなくてウサギ君、キミの出番だ、期待している!
とりあえず朝に釣れたのと同方向へ、思い切りぶん投げる。

結果:

1投目: ヒット:30センチちょい
2投目: ヒット:30センチちょい
3投目: ヒット:40センチ位
4投目: スカ
5投目: ヒット:40センチ位
6投目: ヒット:40センチ位

ネズミ、じゃなくてウサギ Sugeeeeeeeeeeeee !
群れがいるのはわかったが、それにしてもなんつー確率だ!
しかもスカだった1投はハリスが天秤に絡んでいたのであって、それを除けば事実上の1キャスト1ヒットだ。
とにかくアホのように簡単に釣れまくり、正直少しびびった。
群れのいると思しき方向に思い切り投げて、少し速めに巻いてくると、オボソがバシャバシャと飛沫を上げて追ってきて、弓角にアタックしているのが見える。
見ていると何度かミスバイトしているのだが、構わずそのまま巻き続けると、間もなく確実に掛かる。

しかし堤防までの間にオボソが弓角に追い付けないというか、追ってきているのが見えるのに、巻き終わりまでに食い付きが間に合わない場合があり、その場合は巻くのを止めてしまうと終了なので、足元で左に引く方向を変え、そのまま竿を片手に、たぶんめっちゃいい笑顔で堤防を横に走って引いたw

マンガのようだが、実際に2匹はそうやって走って引いている間に掛かった、とにかく弓角を止めたら負け。

しかし6投目の取り込みでライントラブル発生。
ネズミはハリスを2メートル近く付けるため、そもそもが絡みやすいのに加え、今回は軍手で抜き上げて取り込んでいるので余計に厄介なのだ。
リーダーとハリスが絡んだのを解いている内に、群れがバシャバシャいいながら沖の方へ移動していき、はいそれまで。以降全くアタリ無し。

ライントラブルがなければ、確実にもう1~2匹釣れていただろう、いや、よく考えると、ご丁寧に1匹釣り上げるごとに〆て血抜きをしていたので、その時間を釣るのに集中していたなら倍くらいは釣れたかもしれん。
まったく、群れに当たるとすごいもんだ。

スマいっぱい ともあれ、朝釣った分に加えてこれだけ釣れれば、十分もいいところだ、次女も満足だろうて。
重いクーラーを下げて堤防を戻り、船揚げ場で内臓を処理、嫁と話した結果、さすがに食い切れないだろうということで、知人に3匹進呈して帰宅した。

朝の分と合わせて捌くのが大変だったが、皆でもう食えんという程に刺身と鍋を食べ、家族全員ご満悦で寝た。
まあしかし、サンダル履きで行った堤防でこれだけ釣れてしまうと、どうにも磯への足が遠のくわなあ・・・。

前の釣行

スマ釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング