一応ハタ釣れました



今日も東風が強いが、朝食後一休みしてから、風を避けて中間港へ行ってみる。
主にはイカ狙いだが、先日見えフエダイ共にバカにされたので、念のためキビナゴを4本だけ持った。

着いてみると風は追い風で弱く、海面は穏やかでベタ凪に近い状態、湯泊までの荒れ模様がウソのようである。
さてイカサーチを開始、凪いでいるのでよく見えるわい・・・あれ?

いない。
全くいない!
大事なことなので2回言いました。

とにかく全くイカが見当たらない、なんてこったい。
まあしばらくしたら出てくるかもしれん、それまでメッキチェックでもしてみるかー、と弓角を用意してぶん投げる。
着水して巻いてくるが反応無し・・・と思ったら足元近くまで来た途端、メッキの群れがわっと現れ、すぐにゴゴン!

しかし小さいな、上げてみると20センチにも足りない手の平サイズ、この前よりも心持ち大きい気もするが、いずれにせよキープサイズではない、さようなら。
デカいのはいないのかと続けてみると1キャスト1ヒットが続くが、全て同じようなサイズで閉口し、メッキは諦め、再びイカサーチ・・・しかし見当たらず。

仕方ないのでペンシルFをぶん投げ、一発大物狙いを開始、ここは一応河口部なのでヒラスズキの可能性はある。
ちなみに河口の少し北が浜に繋がった岩場になっているのだが、その辺で潜ってみた人の話によるとヒラスズキがかなりいたそうだ、行きやすい場所だし一度行ってみよう。
7~8投してみるが、魚の方は全く反応無し・・・ですよねー。
ぶーたれながら、またイカサーチ、しかし見当たらず・・・って、フエダイ共が出てきやがった、やらいでか!
急いで車からウキ釣りタックルを取ってきて、キビナゴを付けて投入! さあ、ばっち来やがれ!
そして・・・来たあ!

・・・メッキの群れがorz

メッキ共がフエダイよりも早くキビナゴを発見して駆けつけ、ウキがピコピコしたと思ったら、あっという間にキビナゴが消えたorz
そうだった、この前もコイツらに食い散らかされて散々な目に遭ったんだった・・・メッキがエサ取りに回るとマジで恐ろしい。
とにかく残りのキビナゴ、あと3本!

うー、目の前にフエダイの群れがいるというのに手が出せない・・・なんだこの焦らしプレイはw

とりあえず少しほとぼりを覚まそうと、ウキ釣りタックルはそのままに、ルアータックルの方からルアーを外してナスオモリと針をセットし、キビナゴを付けて足元のテトラの間を探ってみる・・・いわゆる穴釣りであるw
これならメッキに目を付けられる前に沈められるので、エサを取られる心配は少ない。
この釣り方はもちろん根魚しか釣れないが、存外よく釣れるのと、魚がいればすぐに食ってくるので話が早い、1分も待ってアタリがないならそこに魚はいない、次へGO、である。

んー、この穴にはいないっぽいなー、と一旦仕掛けを上げて、2つ目の穴に落とす。
数秒後・・・コツン・・・お、何かいるな?

更に数秒後・・・ゴゴン!
っしゃーキマシタワーフッキングー!
よっしゃしっかり乗った、おお、そこそこ重いぞ!
潜られないようにゴリゴリ強引に巻き上げる、しかし魚は横穴に入ろうとしているらしくリーダーがゴリゴリいうのが伝わってくる、上げられるか!?
すると根掛かりしたように動かなくなった、横穴に入られたらしい、ヤバいな・・・とにかく竿先を下げてラインを少し緩めて待つ・・・と、再び魚の引きが伝わってきた、そーれ上がってこーい!
竿を立てて、動き出した魚を一気に浮かせると、よっしゃ抜けて上がってきた・・・お、ハタじゃん、ごちそうさまです!

ヒレグロハタ 水面でラインの垂らしを加減し、竿を振って、反動で堤防の上に抜き上げる・・・よっしゃ、確保!
えーとコイツは・・・シロブチハタにしては模様がまばらだな、オオモンハタとは尻尾の形が違う、カンモンハタでもイシガキハタでもない・・・まあいいや、ハタなら基本旨いさね!
ざっと33~34センチというところか、そんなに大きくはないが、ハタはヨメさんの大好物なのだ、これで刺身と酒蒸しと、酒蒸し後の雑炊を食わせてやろう、今ちょっと風邪気味で弱ってるしな。

とにかくいい土産ができたわい、ともあれ水を汲み、首ポキして血抜きを・・・痛え!
なんだコイツ・・・エラが棘だらけなんである、オオメカマスのような長い棘ではないが、多数のそこそこ長い棘が何だか幾何学的な生え方をしていて、エラに指を突っ込むと逃れようがなく刺さるのだ・・・こんなハタは初めてである、初物なのは間違いないようだ。

何とか血抜きをし、さてフエダイだが・・・うん、まだいるな。
ウキ釣りタックルの方にキビナゴを付け、恐る恐るフエダイの群れの少し先へ投入・・・お、メッキ来ないじゃん、チャンス!
しかしフエダイ共は全く反応せず、堤防の角の方へ移動していく・・・うーむコンチクショーめ。

一度仕掛けを上げて、フエダイ共の向かった方へ移動して再投入・・・すると来やがった! ・・・メッキ共がorz
凄い速さで20匹程がやって来て、慌てて巻き上げようとしても追い縋って食い付いてくる、あーもう、コイツらがいたらどうにもならん!

フエダイ共にも食い気は無さそうだし、諦めて最期のキビナゴを放り投げ、ハタの内臓をチョメチョメして帰宅した。


なおハタの正体は、どうやら「ヒレグロハタ」だったようだ、なかなか旨い魚らしい。
捌いてみたらシロブチハタに劣らない上質な白身で、確かに旨そうである。
ちなみに胃の中には小さめのメッキが1匹入っていて、胃袋に収まらなかった尻尾が、まだ口の中にはみ出していた・・・そんな状態で更に食おうとしたのかコイツはw
欲は身を滅ぼす、肝に命じときなさい・・・って、その肝も明日には酒蒸しです、すいませんw

前の釣行

風で話にならず
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング