イカしか釣れなんだ&しかし魚はGET



朝、夜明け前に目が覚めてしまったので、仕方なく?今朝も湯泊港へ。

ちょっと北から少し北東寄りの風があるものの、海も比較的穏やかである。
さあて、いい加減オボソ(スマ)の群れに当たりやがれってんだコンチクショーめ!

堤防を先に進みながら脳内作戦会議。
オボソは、群れがいれば結構すぐに釣れるのだ、特にネズミで弓角を曳くとほぼイチコロである、大型はジグやミノーに出やすいが、とにかくまず弓角で各方向を探ってみるのが手っ取り早い。
しかし今朝は結構風があるので南以外へは弓角は投げにくいな、まず南側を弓角で叩いてみて、あとはジグだな、でも東側は横風になるから投げにくそうだな・・・とか考えていると、小型船が1艘、船溜まりから出て追い越していった・・・と思ったら、堤防先端のすぐ左側、つまり内海側で止まり、どうやら仕掛けていた網を上げ始めたようだ。

へえ、こんな近くに網を入れていたのか。
ちょうどこれから釣る場所である、どんな魚が掛かっていたのか見たいので、歩くスピードをアップして先端部へ急ぐ。
着いてみると、いつも会う白髪角刈りのおっちゃんが舵を取っており、堤防の上から挨拶、他の2人が網を上げている、タックルを置いてしばし見物。

見ていたのは途中からだが、どうも獲物は少ないようだ・・・それでも40センチ位のヒラアジ系の魚が1匹、やはり40センチ位のオジサン系らしい赤っぽい魚が1匹、よく見えなかったが30センチ位の、オボソかメアジか、たぶんそんな系統の魚が2匹、あとエイが1匹掛かっていたのは確認できた。
あれがオボソだとしたらかなり小さいな、せいぜい30センチか・・・うーん微妙だな、あのヒラアジ系はナンヨウカイワリか、それともカスミアジか?
網を上げ終わって、船は港内へ戻って行った。

さて釣りを開始であるが、んー、こりゃあオボソはちょっと期待薄だな、群れはいないっぽい上に、いても小さそうときている、やる気70%くらいダウンである。
それでも30分ほどジグと弓角とを織り交ぜて探ってみたが、ダツの反応さえ無し。
はいはい今日もお留守ですかそうですか、さっさと諦めて撤収!
帰り道、堤防基部のテトラ脇で一応エギをポイしてみたらイカが2匹ついてきた、あそれホイホイっと・・・あ、抱いた。
今朝もうっかりイカGET、まあ魚はあるし、これで晩の刺身が1品増えたってことでいいや。

イカを持って帰ろうとしたら、船溜まりで先程の船から声を掛けられ、おっちゃんが「これ持ってかんかー」と、例のヒラアジっぽい魚を1匹くれた。
おお、ごちそうさんです、なんと釣らずに魚GET、これぞ究極の釣りである!w

ホシカイワリ 貰った魚を見ると40センチ位のナンヨウカイワリ、めっちゃ旨い魚である・・・って、ん?
なんか変だぞ、顔はカイワリ君っぽいがヒレが青くないぞ、それにカイワリ君にしては体高が高いし金色の点々がはっきりしない・・・ん?
よく見ると全身に細かい金色の点がある・・・おお、ホシカイワリか!
食べたことのない魚だが旨いと聞いている、こいつはちと楽しみだぜヒャッハー!

さて今日は小学校の運動会である、帰って用意せにゃ・・・ってことで撤収!



運動会の後、予想よりもだいぶ早く風が強まり出したので、堤防先端部の落としダモを回収しに行った。
少し釣ってみようと思っていたが、思った以上に風が強かったので3~4投で諦め、網を持ってそそくさと撤収!

今度の台風もそこそこ強そうである、何も被害が無ければいいが。

前の釣行

久々に磯に立つ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング