遠投テストして帰った



​夕方、そろそろ大丈夫かなーと湯泊港へ。

着くと、まだ結構波は残っているが、まあ大丈夫な範囲内である。
台風直後はあまり釣れない気がするのだが、まあ投げてみるか、ただし5時から小学校の運動会準備作業があり、時間は30分ちょっとしかない。

先端部には先客がいたので、先端部手前で45グラムのタングステンジグをまず7割方の力でキャスト、ふむ、ラインの色からすると80~90m位か、表層をゆっくり目に引いてくるも反応無し。
次にフルキャストしてみると、あれ、意外と飛ばないな、100mちょっと位である・・・まあロッドが柔らかくなった&長くなったので、垂らしの長さやキャストの加減をかなり変えないとダメだな、まあしばらくは練習だ、魚の方は、少し深目を引いてくるも反応無し。

やはりまだ魚っ気はないっぽいので、キャストの練習と割り切ってフルキャストを続けるが、110メートル位から伸びない・・・うーむ、PE2号でももう少し飛ぶと思ったんだがなー・・・。
強く投げたつもりでもあまり変わらない、しかしほぼ手投げでも安定して100メートル近くは飛ぶ、それだけ飛べば実用上は十分以上ではある、山ノ瀬の沖の岩場周辺まで探れるし。

ともあれ、もっとロッドの反発力をうまく利用して投げた方が飛びそうだ、やはりその辺は慣れるしかないか。
あと、45グラムのジグをキビキビ動かすにはちょっとロッドが柔らかい気がするな、まあ最近のメインは20~40グラムなので構わんが。

帰り際、そろそろ時間なので行かなきゃなーと思いながら1ピッチジャークで適当に巻いていたら、かなり沖の中層でガツン!
反射的にフッキングを入れると一瞬だけ重さが乗ったが、ブチッという感触がしてすぐに外れてしまった・・・明らかに魚の口に傷を付けただけ、ごめんなさい。
以上、遠投テスト終了!

前の釣行

ちょっとだけ試し投げ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング