何をやってもイカしか釣れない



朝は目が覚めたものの、ロッドが無いのでやる気出ず、またもフテ寝。
つか、ロッドの在庫がどこもないらしく、月を跨ぐ可能性もあるっぽい・・・マジっすか・・・。

朝飯を食いながらブツブツ言っていると、天気もいいし今日は泳ぐとヨメが高らかに宣言した。
一昨日も行った栗生の塚崎に行きたいというので、チビ共にも用意をさせて9時過ぎに出発、まあヘナチョコタックルは持って行こう、今日は磯の方まで行ってみるか。

さて栗生である、今は干潮でまだ潮位が低く、14時の満潮までかなりある、ヨメチビ共はこの辺で泳いだりしているらしい。
一昨日釣っていた場所はまだほとんど水が無い状態で、一瞬朽ち堤防に乗ろうかとも考えたが、潮が満ちると濡れずに戻れなくなるし、メッキとダツくらいしかいそうにないので、やはり磯の方へ向かう。

岩場を進み、先端の「ゴジラ岩」へ乗ってとりあえずミノーを投げてみると、1投目から何やら茶色い魚がチェイスしてきた、たぶん20センチ位のハタかゴンベあたりか、しかし足元でUターン。
しばらく投げてみるが、ロッドが短いのとタックルバランスが無茶苦茶なのとで、とにかく飛ばない・・・まあ6ftのMLのロッドに2500番のリール、ここまではいいが、ラインがPE2.5だしリーダーが6号、もうメチャクチャであるw
足元のヘイケを釣る用のベイトリールに巻いてあったラインを出掛けにスピニングに移してきたのだが、ラインの量が少なくてスプールも干渉しているしw
そんなわけで、6g位のミノーを投げようとしても10メートルかそこらしか飛ばぬww

10分もせずに嫌気が差してきて、14グラムのメッキ乱獲用ジグを付けてキャスト、着水からカウントダウン1で小刻みジャークで寄せて来る・・・なんせ足元はトンデモレベルに複雑な珊瑚礁で、水深は今の時間で恐らく2メートルあるかないか、その中を迷路のようなサンゴ砂の水路というか溝が複雑至極に走っており、その部分の水深は5メートル以上はあるだろうか。
その溝の底の方を通せば根魚がバンバン釣れそうだが、しかし溝は幅がせいぜい1メートルちょっとな上に曲がりくねっているので、ボートでも出さない限り底を探るのは無理というものだ、固定された立ち位置からは、結局浅めに引いてくるしか手が無い・・・ちなみにこんな場所の最南端部である、どうしろっつーねんw

まあとにかくジグをぶん投げたわけだ、さすがに多少は飛ぶわい、と数投しているとゴン!
うはー何かキマシタワー・・・しかしめっちゃ軽い上に3秒で抵抗が無くなった、まさにやる気ゼロw
コリコリ寄せてみると、15センチ位のベラ。はいさようなら。
その後もたまーに20センチ位の魚が追って来るのだが、どうしてもバイトしない、うーむ。
タックルケースを覗くと、スナップで後付できるちっこいスピンテールがあったので、ジグのケツにそれをセットしてキャスト再開、ちっとは集魚効果高まるかな?
数投後、何かが追って来た・・・はあ?

・・・なぜイカが追って来るww しかもこんな浅い場所でwww

アオリイカ いやしかし追って来たものはしょうがない、手早くエギに付け替え、足元の溝でホイホイホイ・・・ちょw 抱いたww
こんなリーフでイカGET、まあでも小さい上にメスだったのでリリース、達者でな。

ジグに戻し、キャスト再開・・・お、何かチェイスしてきてるぞ・・・って、なんでまたイカですのん!?w
再びエギに替えてホイホイ・・・ちょ、また抱いたw
今度はオスだったのでキープ、改めてイカGET!

ジグに戻してキャスト再開・・・・おいw
またイカが追ってきておる・・・どうなってますねん!?w

とにかく、なぜかスピンテール付きのジグを投げると1匹ずつイカがついてくるのだ、仕方ないのでエギに替えて垂らすと、そのイカが釣れる。
何がどうなっているのか知らんが、とにかくついてくるのは必ず1匹、そうして足元まで寄せてきて、エギを垂らすと必ず釣れるのだ、もはや怪奇現象である・・・。

何とも不思議だが、結局これで5匹釣れて、小さいメスを2匹リリースし、3匹をキープした。
飛距離の問題なのか、エギを投げてもついてはこず、必ずジグについてくるのだ・・・うん、わけわかんないw
そんなわけで、なぜかサンゴのリーフで思い掛けずにイカを釣り、首を傾げながら戻ってヨメチビ共と合流、湯泊温泉横の「はまゆ」に昼飯を食いにGO。


「はまゆ」でおっちゃんと話していると・・・

お「ここ数日、そこの堤防の少し内側にオボソ(スマ)の群れが入っててさー」
私「なんですとー!?」
お「昨日釣りまくってた人がいたよー」
私「マジっすか・・・この前竿折れちゃって、よりによって今竿が無いんすよ・・・」
お「あはは、そりゃあキツいわなーw」

うおおマジかまあ確かにそういう時期なんだよ去年は俺も釣りまくったんだよなんでこんな時に竿が無いんだよチクショー!

私「ちくしょうオボソ共め、何の連絡も来てないぞ、メールくらい寄越しやがれ!w」
ヨメ「ww 今ある短い竿じゃ釣れないの?」
私「釣れんことはないがなー・・・掛かったら掛かったで大変だ、竿が非力過ぎて40センチでもかなりやばい、この前みたいな50センチとかになると全然無理だな、あの竿であの引きされたらどうなるのか、ちょっと想像できんw」
ヨメ「オボソってそんなに引くの?」
私「アイツら全魚類の中でも、たぶんベスト5(*)に入るような遊泳速度なんだぞ、すげえ勢いで走る、大きいと重さがあってその速さで走るんだから余計に止まらん、スズキとかのようにはいかん」
ヨメ「とりあえず行ってみたら? 無事に上がったら儲けもんだし」
私「何がって、あの竿じゃ投げても飛ばないんだよ、重いルアーは投げられないし・・・魚の引きよりもそっちの方が問題だな、群れがいても届かないんじゃ釣れん」
ヨメ「タタキ食べたいのにーw」
私「・・・じゃあこの後満潮前だし、お前ら家に降ろしたらちょっと行ってみるわ」

*)
近縁のソーダガツオ(マル&ヒラソウダ?)の遊泳速度は全魚類中4位らしいぞ!
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52031272.html
しかも4位の写真、ソーダガツオじゃなくてオボソだしw

とにかく飯を食い、ヨメチビを家に置いて湯泊港へ戻る、堤防を先端へ・・・ん?
・・・堤防基部で、イカにも釣って欲しそうにイカがコチラをみているじゃなイカ!
よーし待ってろ、もう少しの辛抱だ!
速攻でエギを垂らしてホイホイ・・・あ、抱いた。
またしてもイカGET、しかも今日一番の大きさである・・・って、イカ釣ってる場合じゃねーよ!

心を鬼にして、途中のイカチェックをせずに先端部へ行き、引きずり投げで10号のロケット天秤&弓角をぶん投げる。
普通ならロッドの強度的に投げられない重さだが、垂らしを長めに取り、天秤が地面を滑走するようにして投げれば、ぐっと低負荷になる上に飛距離も伸びるのだ。

しかし、飛距離が伸びるといっても30メートル跳んだかも怪しいレベルで、そしてどの方向に投げても反応無し。
一応、各方向・深さを探ってみたがスカだったので、もう群れはいないのか、いてもこのタックルでは届かない距離なのだろうと、30分もせずにさっさと諦めた。

タックルを片付けていると、足元にぼっちイカが出現。
例によって速攻でエギを装着、ポイしてホイホイ・・・よし抱いた、うっしゃまたイカGET・・・と思ったら、しまったリールのドラグを締め込んだままだ。
慌てて緩めようとするが一足遅かったようで、身切れしてイカロスト・・・まあいいや、あんまり食ったら痛風になるしなw

以上、撤収!


そんなこんなで、イカを釣りに行ったわけではないのに、結局イカしか釣れない日だった。

前の釣行

ロッドが届かん (T_T)
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング