ヒラマサ釣れました



夕方、雨が止んだので、今朝のリベンジをすべく湯泊港へ。
魚っ気はあったし、程良く海は荒れている上、これまた程良い追い風、潮の時分も悪く無い。

着いてみると誰もいない、よっしゃ!
堤防先端へ進んでいると、N父が内側の堤防にやってきて手を振っている、ヨメさんや子供達は温泉なんだろう。

さて先端、程良いうねりがありいい感じだ、早速弓角をセットして、先端中央から真正面、対岸の岩場めがけてぶん投げる、今朝は弓角に来たので、今日はコイツで勝負だ。
数投してみるが反応無し、少し外海側に方向を変えてさらに数投、曳き終わりでトレーラーのロケット天秤が足元へ来た時、さっと堤防の角から魚影が数匹現れて方向を変えて弓角を追って来た、この堤防際でいきなり現れるパターンはヒラマサだろう。
しかし巻き終わりで足元真下に近く、もう曳く余地が無い、しかし曳くのを止めたら終了なので、咄嗟の判断で自分が横に走ったw

下を見ながら数メートル左に走ると、魚影が追って来て、やがて飛沫を上げて弓角に喰らいついた、よっしゃ!
そういえば、前にも曳く余地がなくて横に走ってオボソ(スマ)を掛けたことがあるな・・・結構重要なテクなのかもしれんなコレw

さて、竿を立てると魚はしっかり乗っている、右左に走りつつ強引に斜め下へ突っ込む暴れっぷり、すっかりお馴染みのヒラマサ@50センチ位である。
ハリスがそんなに太くない(フロロ4号)ので、ドラグを調整して無理をしないように弱らせに入る、魚は堤防の角を回りこんでみたり前に走ったり、下に突っ込んだり横に走ったりと、暴君ヒラマサの名に違わぬ大暴れ、余裕を持って相手をしているつもりだが、なかなか収まらない激しい抵抗に改めて少し面食らうというか感心する、朝のイケガツオ70センチ位よりも明らかにこっちの方が手強いわw

それでもヤツの体力とて無限ではない、やがて抵抗が弱まる。
ヒラマサ 今朝の二の舞いにならないよう、慎重にさらに弱らせつつ針掛かりを見る、しっかり下顎に刺さっているのを確認し、ロッドを下に向けてゴリゴリと巻き上げ、ほいさー!で抜き上げて無事ランディング。ふう。
フックを外してバッカンに水を汲み、首を折って血抜きをしつつキャストを再開。もう1匹くらいいけそうな雰囲気である。
しかしその後は、空振りバイトが1回と、チェイスが2回はっきり確認できたものの、やがてそのまま干潮ピークの潮止まりへ。
潮の上げ始め頃には暗くなっているので、撤収して魚の処理をして帰った。

ま、さすがにイケガツオを釣り直しはできなかったが、今日はこれでよしとしておこう。

前の釣行

イケガツオ落っことしました・・・orz
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング