弓角でダツ



目が覚めると5時前、天気はいいようだ。
昨日、湯泊港でヒラマサが釣れたので、今朝も魚待ではなく湯泊港へ行ってみることにする。

先端部へ直行してみると、北方面からの追い風で外海側には投げやすいしよく飛ぶものの、天気はいいのになんだか肌寒い。
ミノーとジグでしばらく探ってみたが、最初の方に一度軽くコツンと当たった気がした他は反応無し。

それならばと弓角に替えて数投目、なんだかモソッとした手応え、リトリーブのスピードを少し落としてみるが何も無し。
次のキャストで、同じ辺りでゴンと来て乗った、そこそこの手応えである、さあ何だ?

適当に寄せて来ると一瞬魚影が見えた、なんか少し細長かったぞ、カマスか?
カマスにしては重いな、オオメカマスだといいなー・・・とか思ってたら跳ねた。ダツが。orz
てめーら弓角にまで食い付いてるんじゃねーよ!

ブツブツ言いながら寄せて抜き上げ、フック外してお帰り頂く。
ラインをチェックして再開しようとするが、そこでエーデルワイス(*)、きりが良いので終了!

* 屋久島では、迷惑なことに朝の6時に防災無線放送で「エーデルワイス」の曲が島中に響き渡る。

前の釣行

ヒラマサ釣れました
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング