魚待で待ち呆け



デカダツ(一応本当の名前はオキザヨリ)やっと雨が上がり、仕事他も一段落したので、夕方久々に魚待へ下りてみる。

ちょうど干潮潮止まりだが、まあしばらくすれば潮が動き出すし、そろそろ何か釣れてくれよー・・・。
それにしても結構うねりがある、そのせいで岸近くにはサラシが結構広がっている、ヒラスズキでも来ないかな。

とりあえず沖に向かってミノーを数投、表層・中層とも反応無し、相変わらず渋いままなのか。
ジグで底を探ろうかと思ったが、ルアーを替えるのが面倒だったのでミノーのままサラシ周辺の表層をしばらく探ってみる・・・と数投後にゴン!

ウホッ、何か来よったぜぇ!

フッキングを入れるとしっかり乗ったようで、ゴンゴンと暴れ始める・・・が、手応えはヤツである。
ジャンプして見えた姿は案の定80センチ位のダツ、取り込んでフック外してさようなら。
やっと釣れた魚待初の魚はダツですよ、ああもうマトモな魚はどこ行っちゃったんだよ・・・。

その後潮が動き始めるものの、見事なほど全く反応無し、日没を待たず早々に撤収。
これじゃあ湯泊港の方がマシだな・・・。

前の釣行

魚はどこへ
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング