カマスとか釣れましたがもうダメです



風邪が完治しないため昨夜は早めに寝たので、今朝は5時前に目が覚めた。
明らかにまだ治り切っていないが、朝マズメに賭けて湯泊港へ哨戒へ・・・バカか俺w

着くとN父が先端手前の岩場近くで釣っていて、足元にはカマスが2匹転がっている、ちょうどカマスの時合らしい。

カマス 少し話しながら用意をして、ちょっと離れてミノーを投げてみると1投目でコツン、直後にしっかり乗った。
ゴリゴリ上げると優に40センチ以上はあるカマス、カマスとしてはかなりの良型・・・なのだが、先日のオオメカマスのイメージが強く、小さい気がしてならんw
しかしそこでアタリは止まり、1匹だけ。

その後先端に行くと、日の出と同時にカマスの群れが足元に現れ、慌てて遠くへ投げていたルアーを巻き戻すと群れは既におらず、ミノーで足元を探っているとイカが現れ、慌ててエギを付けるとイカは既に見当たらず、今度は少し沖で何かが跳ね、ジグに替えて沖に投げると足元にまたカマスの群れ・・・みたいな感じで、魚共に翻弄され続け、結局何も釣れずorz

日が高くなってきたのと体調も良くないのとで早々に撤収しようとするが、堤防を戻る途中、足元にイカが4匹、イカにも釣って欲しそうにぼーっと泳いでいるではなイカ。
せっかくなので釣ってやろうとエギを出し・・・結局丸1時間、釣れそうで釣れないイカ共にからかわれ続けた末に諦めた・・・。
見えイカ必釣エギの無敗記録もここでストップである・・・無念。

イカのせいでアタマに血が上ったのか、なんだか熱が上がってきた気がするし、帰って飯食って寝よう・・・と、ふてくされながら家に帰ると、現実はそんなに甘くないようで、子供達を連れて栗生のタイドプールに遊びに行くことになったから、さっさと飯を食って可及的速やかにそのカマスを捌いて塩して干せ、と容赦なく下達されるorz

そして栗生、塚崎タイドプールに到着し、ヨメチビを放牧。
鼻が詰まり、体もだるいのを我慢しながら適当な岩場に立ってみると、左手の岩場に餌釣りの先客がいて竿を曲げている・・・ガイドにラインを通しながら見ていると、魚はダツだった・・・ここにもいるんかい。
そしてキャストを開始すると同時に、左手からモーターボートがやって来て、少し沖を通り掛かった・・・ら、ボートの進行方向に、ざっと100匹以上のダツがジャンプ!orz

もうこの時点で、ただでさえ枯渇寸前のやる気が更に8割減である、沖へ投げるのを止めて、手前の根の辺りをちまちま探ってみるとガツン、というかダツん!
うぜーあーもーいー加減にしやがれコイツらー!
幸いすぐに外れたので、更にみみっちく近場を攻めると20センチ位のイシガキハタが釣れた・・・うん、まあ、ここじゃこんなもんだろうな。
ハタと一緒に僅かに残ったやる気もリリースし、ヨメチビのところへ戻ってコーヒータイム。

更にその後、フラフラなのにも関わらず、容赦を知らないチビ共に貝殻拾いやら魚採りやらに付き合わされ、昼を回ってからヘロヘロで帰宅・・・わしゃあもうダメです。

前の釣行

完全ボウズ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング