一応イシガキハタ釣れました



朝起きて、のんびり目に湯泊港へ。

先端へ行くとベタ凪気味な上、キビナゴが大量に泳いでいる・・・えー・・・。
キビナゴは、それなりに入っているといいのだが、大量にいると、魚はそっちで満腹になってしまうのか全く釣れないことが多いので、実はあまり嬉しくない。

あちこち探ってみるが、案の定ダツの反応さえ無し。
うーん、ここ数日、魚の反応が薄いなあ。(*ヘイケさん除く)

・・・と思っていたら、少し日が高くなってきた頃に、テトラの間に大量の魚の姿が見え出した。
優に100匹以上のアオヤガラ、これまた数十匹のメジナにニザダイ、数え切れない程のベラの類にカワハギ類、ブダイの類にオヤビッチャ、その他諸々、それに加えて大量のキビナゴ、もう魚だらけである、こんなにも大量の魚が、これだけの密度で見えるのは初めてだ、壮観である・・・ルアーに食い付く魚はいないけどな!w
あー、ヤガラは釣れる時は釣れるが、キビナゴ効果のせいか今日はどのルアーにも全く興味を示さない、近くを通しても見向きもしない。

そしてキビナゴは超のんびりモードだ、つまり捕食するような魚は近くにはいないらしい。
仕方なくヘイケ(ホウセキキントキ)ポイントへ行ってみるが、今日は奴らさえ反応皆無、手の打ちようがないので帰ることに。

帰り道、イカでもいないかなー、と下を見ながら歩いてみたがイカもおらず、しかし大潮の満潮時なので、干潮時には干上がるゴンベたん(イソゴンベ)ポイントで少し遊んでみるが、ここも反応無し。
なんだかイライラしてきたので、落書き入りの60グラムのジグを付け、ゴンベたんポイントから大遠投!
5カウント沈めてからジャークを開始、寄せて来ると途中でモソッとしたアタリ、しかし乗らず、ゆーっくり寄せてみるとヘラヤガラがチェイスして来ていた・・・帰れ、お前食えないしw
次の1投はダツが足元まで追いかけて来たが食い付かなかった、やはり食い気が無いな。
更にフルキャストで大遠投、底を取ってみると11カウント、根掛かりしそうだが、ゆっくりめ、フォール大きめのジャークを数回・・・ゴン!

おお何か掛かったぞ、しかもそこそこ重い、手応えと掛かった場所的にハタの40センチ位か?
ゴンゴン底へ潜ろうとするクリーチャーをロッドパワーでまず上に引き上げ、水面近くまで上げてみると茶色い魚体が見えた、やはりハタの類のようだ・・・が、まだ遠目だが、思ったより小さいな?

イシガキハタ そのまま寄せてみると・・・あー。
ハタはハタだが、30センチ位のハタの背ビレの辺りにフックがスレ掛かりしていて、それで重く感じただけだった。orz

まあもう少し大きくなってからまた遊んでくれ、と言い含めてリリースし、帰宅。

前の釣行

まーたホウセキキントキ・・・
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング