ヒラスズキに自作ルアーを強奪される



実は先日の台風接近の時ヒマだったので、いくつかルアーを自作してみた。

最初はジグでも作ろうかとも思ったが、折角だし変なものも作ってみようと、ジグヘッド代わりのオモリにプラスチック製の胴体を付け、尻にスピンブレードを付けた、妙な動きをするものがひとつ出来上がった

プラスチック部分は、下の娘の使い古しの歯ブラシの柄を利用したのだが、なんかマンガがプリントされていて、その名も「はなかっぱくん」。
ヘッドのオモリにアイを付け、折角なので眉毛他をマッキーで書き加えておいた。
完成したのは、腹にカッパの柄が入ったバカ面の、ルアーなのかなんなのかさえよくわからない、とっても恥ずかしいシロモノ。

なんというか、こんなもんで釣れてしまった魚は不憫でたまらんのう、と話していたのだが、今日もあまりに釣れないため、ヒマ潰しがてらにそいつを少しサラシっぽくなっているところへ投入してみた。

1投目: 何の反応もなし
2投目: ゆっくり引いて、水泡で見えなくなるあたりでガツン!

ファッ? なにが起こった?
え、まさかアレに食いついたバカな魚がいたってことか?
何が起こったか一瞬理解できず、思考停止を起こした私をよそに、その魚は50センチ位はあるらしく、ゴンゴンと暴れ出す。
おおお!?
釣れちまったぞ信じられんw バカめがwww

やっと事態を理解し、右へ走ろうとするそのバカな魚を岩場から遠ざけるべく竿を立て、少し抵抗が収まったところで寄せようとポンピングしたその時。

バチョーン!

おお!? なんか跳ねよったぞ? ・・・え、ヒラスズキか!?

知識だけだったエラ洗いを初めて目にした直後、ふっとテンションが無くなった。

おおお?

呆然として巻き上げてみると、リーダーがナイフで削ぎ切ったように斜めに削ぎ切られており、その切れ味にしばし戦慄。
なんてこった、バカにしていた魚にまんまとやられてしまった!
しかし、こんなところにヒラスズキがいるとは・・・。
白身魚は根魚が最高と考えているため、正直ヒラスズキには別に興味は無かったのだが、はなかっぱくんをあっさりとkillされては看過できない。
遠からず釣り上げて、ケイジャン料理にして食ってやるから覚悟しとけよコンチクショー!

ヒラスズキよ、てめーは俺を怒らせた!
お前はただでは釣らん、絶対に恥ずかしいルアーで釣って晒してやるからなバーカバーカ!
とりあえず、より恥ずかしい「はなかっぱくん2号」を用意せねば。

ところでエラのイメージも相まって、私のヒラスズキのイメージはどうにもコレなんですが、誤りでしょうか?
  ↓
<丶`∀´>

前の釣行

イソゴンベとオジサン釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング