カンパチと思われる大物にまんまとやられる



朝、5時半に目が覚めた。
コーヒーを飲み、ちょっとチョコをつまんでフリースを着込み、フリースのフードの上からマフラーをし、更にその上に革ジャンを着込み、6時半に湯泊港へ。
朝一番に釣りに行くなど本当に久しぶりだ、先日のあのデカい魚を今日こそ釣ってやろうという魂胆である。

着いてみると誰もおらす、先端手前に差し掛かると、薄暗い中、内海側にナブラが立っている。
小走りに先端まで行き、ルアーをセットして、ナブラが立っていた辺り目掛けてキャスト開始、ちょっと距離的に届かないためかアタリは出ず。

やがて先端部正面にもナブラ、やはり少し遠い、フルキャストするが届かず、アタリ無し。
再び内海側でナブラ、届かず、外側でもナブラ、届かず・・・。

うおおおー、届かねえー!
あと20メートル位なのだが、どうしても届かないのだ。
手持ちで一番重いジグは40グラムだ、60グラムは持って来ていない!

あとPEの70メートルくらいの所に繋ぎ目があり、そこでガクンと減速するのだ、普通ならそこまで飛ばさないのであまり問題は無いのだが、こういう状況では飛距離が出ないと話にならない。
結局届く距離に群れは来ず、半泣きで帰った。


朝食後、仕事のチェックをしながらPEを新品に巻き直し、ついでにスプールも研磨、60グラムのジグを用意する。
なんだか晴れてきたので、週末は寒波で釣りどころではないっぽいことだし、仕事は週末ということにして今日を急遽休みとし、ヨメのウォーキングと絡めて軽く2回戦に出撃。
小一時間頑張ってみたが全く魚っ気無し、やはり朝夕が勝負だな。

夕方4時半、懲りずに3回戦へ。
餌釣りの人達が4人ほどいたが先端部は空いていたので、早速キャスト開始、5~7カウントで浅目を探る。

1投目、ダツのアタリが1回、掛からず。
2投目、ダツのアタリ2回、2回目でチビダツが掛かり、抜き上げてさようなら。
3投目、最初のジャークでゴン! ウホッ!? 結構手応えがあったので気合で合わせを入れたらすっぽ抜けた・・・その後巻き終わるまでにダツのアタリが2回、2回目に掛かったがバレた。

なんだよダツだらけだな、でもさっきのは多分ダツじゃないな、とか考えていたら、Nちゃんの父ちゃん登場、今年初の遭遇である。
最近はどうだとか、なんか魚っ気はあるよーとか話してキャスト再開。
40グラムのジグをフルキャスト、7カウントでジャーク・・・ガツン!

うお!?
えらい強烈なアタリである、思いっ切りアワセを入れると、根掛かりのような手応え。
一瞬間があってから魚が走り始めた、結構、いやかなり重い、竿が大きく曲がる。

私「うはー来たわー、こいつはでけえ!」

魚は太いトルクで小刻みに頭を振ったり横に走る、手応え的には60センチオーバーのヒラアジ系っぽい、多少ドラグが鳴るものの適度だと判断し、無理に寄せずにしばらく弱らせるべく相手をする。

N父「おー、デカそう!」
私「んー、60センチか、もうちょっと位かな」
N父「あー、俺今日網持って来てないわ」
私「ギャフとロープあるし、たぶん何とかなるよー」
竿を立てるのも困難だったGT戦を経験したせいか気持ちに余裕があり、勝手に楽勝ムード、早くも食べ方についての脳内会議が始まる。
しばらくすると魚の走りが一段落した。

私「・・・あれ、あんまり大したことないな?」
魚(イラッ)

次の瞬間、今までとは比較にならないトルクで魚が走り出した、慌てて竿を立てるが、ドラグが鳴って一気にラインを出された、ちょ、止まらねえ! なんだコイツ!?

私「うおー、走り出したぞ!?」
N父「うおーすげー!w」

それでも竿を倒されるほどではないので、竿を立てて体制を整え、しばらく泳がせることにする。
ラインは出続ける・・・が、急にテンションが消えた。

私「・・・あれ?」
N父「え?」

・・・バレただとー!?
竿を呷ってみるとルアーの重さも無い・・・ラインブレイクか?
PEもリーダーも新品だし結束も完璧のはずだぞ、そもそもラインブレイクする程の引きだったか!?
とにかくラインを巻いてみる・・・リーダーは付いている、抜けたわけじゃない。
残っているリーダーの長さからしてスナップの結びでもない、先から1メートルくらいの所で切れている。
リーダーをチェックしてみる・・・私はリーダーに8号を5~6メートル付けるのだが、PEから1メートル程以外が全てガリガリになっていた、つまり根ズレである。
遠目で掛かったので、魚が根に潜っていたのを沖に走っているのと勘違いしていたらしい・・・カンパチで間違い無いだろう。

・・・ちくしょー油断した、ドラグ締めて強引に引っ張り合いに持ち込むべきだったか!
ドラグも緩過ぎたか、前半ちょうどいい具合だったので安心したのがまずかった、あんなトルク隠してるのか、聞いてねーよ!

初めてのカンパチ(多分)である、予備知識が無さ過ぎた。
しかしカンパチよ、俺はお前を許さん、お前の調理法と盛り付ける皿はもう決めたからな!


ダツ その後、デカダツと少し大き目のメアジを1匹ずつGETして帰宅。
今夜は早く寝て、明日の朝のリベンジに備えよう。

前の釣行

見える大物とダツに遊ばれた
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング