今日もホウセキキントキ釣れました



夕方、小物遊びに小一時間だけ湯泊港へ行こうとしたら、天気がいいからとヨメチビもついてきた。

ヨメ「食材は一杯だけど、今夜はお刺身が無いよね」
私「刺身食いたいのか?」
ヨメ「うん、あれば嬉しい」
私「あんたマジで刺身好きだよな・・・んー、じゃあヘイケ(ホウセキキントキ)でいいなら、何とか2匹くらい釣ってくるわ、ただしせいぜい30センチくらいだぞ?」
長女「あー、言い切ったよこの人w 言うのはタダだもんねw」
私「るっせー、余計な言い回し覚えやがってw」
次女「お刺身食べたい!」
ヨメ「ヘイケのお刺身おいしいよねー、頑張ってー!」

と、そんなこんなでうっかりノルマを課され、浜辺でヨメチビを降ろして堤防先端へ。
外海側は親子連れがフカセ釣りをしていたので内側の角に立ち、10メートルほどジグをポイして沈みテトラの間から魚を誘い出すべく、適当にアクション。

ふんふんふーん・・・コツン!
っしゃあ!
アワセをくれてやるときっちりフックオン、1投目で30センチくらいのヘイケを確保。うむ。

ホウセキキントキ(屋久島名:ヘイケ) 水を汲んで首折り&血抜き、その間にキャスト、再びコツン、合わせるが乗らず。
3投目はきっちりフックオン、1匹目と同サイズを確保し、早々にノルマ達成である。

ヘイケはもういいやってことで、大きめのジグに変更。
もしかしたらの大物狙いで遠投&底取りを繰り返すも、残念ながら反応なし、挙句に根掛かりでジグをロストし、それを機に終了。

竿仕舞いしていると、長女が先端までやって来た。

長女「あれ、釣れてるし!?」
私「ふっ、どうよ、種類も数も大きさも予定通りだぜ? さあ褒め称えろ!」
長女「うー、なんかムカつくー!」
私「なんでだよ!」

前の釣行

一応ホウセキキントキは釣れましただ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング