一応ニジハタ釣れました・・・



先月末にGTを釣ってから今日でちょうど1か月。
あれ以来のスランプであるが、いい加減何とかしたいものである。

まあとにかく、今日は1匹でも釣れたら、たとえエソであろうとオジサンであろうと持って帰って食う!
食って気合を入れて現状を打破しようという、鴨川会長も納得の精神論的アレである。


昼飯を食べ、所要を済ませて3時前に近所の磯へ。
先端で自作のスピンテールのジグを投げると、1投目に巻き終わり足元でバイト、メッキっぽいが乗らず・・・最近このパターン多いな。
2投目にはダツがチェイス、やはりバイトせず、その後にもう1チェイスあったがやはり食わず。ううむ。

少し左に方向を変えて続けていると、やがてガツンと明瞭なアタリ。
っしゃー、と合わせを入れてみるとダツである・・・しかもデカい。
まあいい、とりあえずコイツを食って禊(なんの?)を済ませてやる、弔いは酒蒸しかカルパッチョあたりか。

デカダツ君暴れまくるが、特に問題無く相手をして寄せてくる・・・と、いきなりテンションが消えた!

はあー!?
呆けながらルアーを回収してみると、トリプルフックの1本がへし折れていた。
普段はシングルフックしか使わないのだが、このジグは妙ちくりんな構造上、後半部全体が回転するので、中程にトリプルがついているのだ。
まあかなりデカかったし、あの魚体での暴れっぷりととダツの口&歯、フックの太さを考え合わせれば、折れたのも無理はないか。

ともあれ、またバラした・・・ここ一か月で何匹バラしただろう、と思い、少し考えてみた。

ん? あれ?

そういえばオボソ(スマ)狙いで弓角使うようになってトレーラーに60グラム位のロケット天秤とか使ってて、その後も60グラム位のジグばっかり使ってたが、その前は40グラムを中心に使ってたな。
その辺が無くなったのと右肘痛めたのとで40グラムのジグをまとめ買いして、12月に入ってからそればっか使ってるな、自作のルアーも30~40グラムだ・・・。

以前は周囲に人がいない限りは、青物狙いはドラグをかなり緩めにしておいて、そう、30グラムでも強めにジャークすると少しドラグが鳴る位の緩さ加減で、掛かってから魚に合わせて締めてたよな。
よく考えると、最近40グラムはもちろん、60グラムでジャークしてもほとんどドラグ鳴ってなくない?

・・・なんだよ、バラす原因はドラグ締め過ぎじゃねーか!

だから魚が走れず、体力消耗しない内に全力で暴れてバレるんだよ!
しかも最後のマトモな魚がデカブツ(GT)だったのと、今月に入ってからはカンパチ狙いで根に入られないように気負ってたのとで、余計に感覚が狂ってたのかもな・・・。

とにかく謎は解けた気がする、そうと解れば早速修正である。
30グラムのジグを投げてみて、強めにジャークした時に少しだけドラグが鳴る程度に調整し、準備万端で再開である、ばっちこい!

しかし当然ながらそれは、そもそも魚が掛からないという問題までは解決してはくれない。
それでも終了間際に底の方で何かがヒット、あまり引かないがなんか暴れておる、オジサンではないっぽいなー、と寄せてみると赤い魚体。

ニジハタ 抜きあげてみると、30センチもないがニジハタ君だった。
いつもなら即さようならだが、今日は食うと決めているのだ、成仏せえよ。
潮だまりで内臓処理して帰宅。

なおニジハタ君は、無事酒蒸しになって腹に収まった。

前の釣行

魚を買ったw
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング