復調近しか



今日は昨日に比べると格段に暖かい。
それでも寒さを避け、10時頃になってから近所の磯へ出撃。
波は比較的穏やかで、すんなりと先端部へ。

潮回りも悪いしあまり釣れる気はしないが、ここしばらくシコシコ作っていた自作ルアーのテストをしてみる。
よっしゃー、と軽くキャスト、引いてくると間もなくガツン!

おお、早速掛かり寄ったぞ、すごいぞシャイニングタコ1号!
・・・が、掛かった魚は残念ながらダツである、しかしかなりでかい。
どうしようかな、と思い、適当にその場で暴れさせながら放っておいたら外れた。ラッキー。

まあともあれ、ちゃんと釣れるようなので、そのままキャストを続行。
2投目、反応無し・・・か、50~60センチの青物が足元までチェイスしてきていた、ガブっと食えよ男らしく!

そのまま更に数投後、巻き終わり近くで軽く水面爆発!
・・・しかし乗らず。

さらに続行、ガツン!
よし、乗った!
しかし寄せる途中でフックアウト。ちっ。
なお魚は40センチくらいのメッキだった。
その後も2度掛かるが必ずバレる、どうやらフックの取り付け位置が悪いらしい・・・。
少しその辺を調整して、ついでに一回り小さめのフックに変えてみよう。
それにしても集魚力高いなコイツ、構造が固まればかなりの戦力になりそうだわい。

途中から東風が急に強くなり、離れた場所から飛んできた波飛沫を頭から被り、想定外に濡れたのを機に撤収。
魚との接触は多かったのに、結局はボウズで帰宅。


昼食後、大川(の滝)河口にヨメチビ共を連れて行き、一応投げてみるものの反応皆無。
というか、先日の荒天でか、河口付近の地形がガラッと変わってしまっていて、かなり困惑した。
ポイントだった河口の岩場の大部分が砂で埋まってしまっていて、砂浜になっちゃってたよ!

いやー、自然というのはすごいものである。

前の釣行

完膚なきまでに寒さに負ける
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング