完膚なきまでに寒さに負ける



今日は今季一番の冷え込みらしい、予想気温では早朝は6度だとか。

しかしだからこそ、冬季の釣りを占うべく、朝一番で湯泊港へ赴いてみた、世でいうマゾというやつである。(?)
一応それなりに寒さ対策をし、アウターは革ジャンを着込んだ。

車を降りると・・・寒い、マジで寒い!
家を出た時も寒かったが、海辺は風があるので余計に寒い!
堤防先端に辿り着くまでにヘタレそうである・・・ここまで来た以上何とか歩みを進めるものの、先端に行き着く前に手が悴み、手前の岩場の辺りで準備をする。
北方面から強い風が吹いていて、まあ追い風である・・・が、指が思うように動かず、ガイドにラインを通し、ルアーをセットするのに予想外に時間を要する。

やっとキャストを開始する、追い風なのでよく飛ぶが、寒さで体が震えるためか狙った方向よりもなぜか随分右に行く。
カウントダウンが辛いので、3投浅めばかりを引いてみるが反応なし。
軍手をしているのに指の感覚がやばい。耳も千切れそうである。

4投目、5カウント沈めてリトリーブ開始・・・ああ、もう無理だ。
途中で早巻きしてルアーを回収し、震える手で竿仕舞いをし、小走りに車に戻って帰宅した。
この寒さには私は耐えられない。


夕方、チビ共が湯泊の浜に行くとか言い出したので、学校帰りに渋々連れて行く。
思い直して気合を入れ、朝と同じ場所まで行き、自作したルアーを投げてみるが、やはり寒い!
2投目に何かが乗ったが、5秒ほどでバレる、たぶん30~40センチくらいのエバか何かだったと思う。
バラしてから、そういえばフッキングをしていなかったことに気付いた、ありえねえ。
でも真剣に忘れていた、寒くてそれどころじゃなかった。

その後数投して撤収、朝と合わせて10投もできず。
気温一桁では、俺には釣りは無理です、耐えられません。

前の釣行

衰弱中
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング