衰弱中



なんだか風邪が抜け切らないので家でゆっくりしていたいのだが、ぼちぼち仕事が入る上に、今日は次女の幼稚園の発表会とやらで朝から引っ張り出される。
チビのフラメンコに爆笑し、終了後に家に戻ってヤキソバを食い、うっかり潮見表を見ると14時に干潮である。

・・・がしかし、風邪で体力が落ちているせいか、何だか釣れる気がしないのだ、魚が掛かるところをイメージできないというか何というか、とにかく釣れる気がしない。
ここ数日、ルアーをアレンジしてみたり、家でできることを色々していたが、それも「こんなんで釣れるもんですかねー・・・」という具合で。
病は気からと言うが、ボウズも気から、なのかも知れん。

まあとにかく干潮だし、貝採りがてらに行ってみるか、と、鼻・喉に違和感があり、なんだか少しだるいというのに近所の磯へ。
到着が干潮ピーク前だったのと、魚はどうにも釣れる気がしないので、まずは貝採りに専念。
1時間ほどで、好物の巻貝(テツボラ)を結構たくさんとデカいタカラガイを2つ、今日は潮位がそんなに低いわけではないのでトコブシは2つだけ、まあとにかくそれなりの獲物を確保。


その後先端部へ向かい、気のない釣りを開始・・・しようと思ったら波が結構高い、ここの先端は足場が低いので東方面から風が吹くと思う以上に波が来るのだ。
干潮でこれなら、これから潮が満ちてくるのに余計ヤバい、仕方ないので少し岸寄りの足場の高い場所からキャスト。
10投位して、反応無いなあと思ってたら、巻き終わりの足元のサラシに差し掛かったところでガツン!

魚影が見え、おおヒラスズキかな、と思って合わせたが数秒でテンションが抜けた。
相変わらず捕食が下手過ぎる、なのになんでこんな波の荒い場所を好むのか・・・絶対に波のせいで捕食の成功率が大幅に落ちているだろうに、よくわからん魚だ。
まあ、今度こいつら用にミノーをいくつか用意してみようかな、でもそうすると今のルアーケースに収まらんな・・・。

その後も1度巻き終わりにガツンと来たが、シングルフック1本だけのジグには結局掛からなかった。
あとは50センチくらいの魚影が一度追いかけて来たのが見えただけで食わせ切れず、1時間も経たずに諦めて竿仕舞い。
まだ粘る気力が無いなあ・・・今回の風邪は、軽い癖にしつこいわい。

前の釣行

話にならず
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング