タマンっすか・・・



晩飯後に、湯泊港でブッ込み!
タックルは、10ftMHのロッドにPE2号・リーダー30ポンド、例のエイをやっつけたタックルをリーダーも替えずにそのままw

1投目、何も無し、あ、エサはイカの肝と目玉ね。
2投目、投入から数分後にデカいアタリ、フッキングを入れてファイト開始!

お、なんか割とデカいんジャマイカ?

がしかし、あいにく最近立て続けにエイやらGTやらと遊んでいたので、感覚がすっかり麻痺している俺w

かなりの重さ&引きではあったんだが、対応というか心の声は、

おお割と引くなー、しかし敢えて問おう、その程度か?ww
じゃあゴリゴリいっちゃうぞーwww
オラオラとっとと浮いてきやがれヒャッハー!
・・・みたいなノリで、時折ガチガチのドラグを引き出されるもハンドドラグを織り交ぜ、終始主導権を渡さず一気に浮かせたったw

で、魚が見えた、おっしゃタイ型だ、フエダイか?
落としダモを海面に下ろし、タモ入れを…あれ、入らんぞ、つーか結構デカいぞ?

体長がタモ枠の直径と同じか少しデカい、思ったより大物じゃんw
そしてそこそこ体高もあるので、網枠に3か所結んであるロープに引っ掛かって、どうにも網に入れにくい。

それでも数回の試行の末、無事にネットイン、ロッドを置いて魚を引き上げる・・・あ。

「・・・タマンかよー!」orz

ハマフエフキ 上がってきた魚はフエダイ系ではなく、タマン、つまりハマフエフキだった・・・。
フエダイ系を期待していたので、正直微妙に凹んだ・・・どうにもフエダイの方が旨いからなあ。


まあしかし、フエフキ系は刺身ではイマイチだが、ムニエルとかなら旨いので、ヨメチビ共は喜ぶか。

このサイズだと処理だけでも大変だし、ここで釣りは終了・・・2投しかしてないわw
水を汲んで血抜きし、その間に後片付けをして、船溜まりまで戻って魚を処理し、帰宅。
なおハマフエフキ君は72センチ、重さは計らなかったが5~6キロってとこか。

しかしデカい魚って色々大変だよなー・・・.
なんだかんだ言っても50センチ位が、そのまま冷蔵庫に入るし、まな板からもはみ出さないし、色々と楽でいいわ。

前の釣行

すらんぷー
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング