すらんぷー



最近、どうもスランプなんである。

晩飯後の夜釣り、湯泊港で入れ替わりで帰るBD氏が大漁だったというので期待して投げてみたものの、時合は終わったらしく、2時間粘ってもアタリが1回だけ、そして釣れてきたのは金目ちゃん(テリエビス)。
8月に入ると更に症状は悪化して、たまに何かがエサを突いている感触はするものの、モソ…モソ…だけで終了、絶対に食わないんだよ、なんでだよ!

諦めて栗生に行ってみると、こちらはエイばっか。
フエダイも釣れたものの、20センチくらいの小さいのが2匹だけ。

その替わりなのか何なのか、マジでエイが連発だ、あれが全部ヒラメとかにならんもんかな・・・。
しかも今年は、掛かってくるのが妙にデカいんだ、7キロ8キロは当たり前で、底に張り付かれるとマジで参る。

一度、エイらしからぬ食い方&走り方をしたのがいて、もしかしてデカい根魚か? との一抹の期待から、真剣にやり合ったんだわ。

竿を2本出していて、1本は最近買ったオフショア青物用の7.6ftのキャスティングロッドにPE4号リーダー40lb、もう1本は10ftのMHロッドにPE2号リーダー30lb・・・で、まあ釣り人あるあるで、こういう場合は決まって弱い方のタックルに掛かるわなw
なおオフショア用のロッドなんて買ったのは、痛めている右肘を庇うためね。
長いロッドでフルキャストすると、長い分だけ遠心力が大きくなるので、それがラインを押さえる人差し指に掛かり、腱が繋がる右肘へと負担がきて覿面に肘が痛み出すので、パワーと短さを両立するロッドを考えた結果っすよ。

で、エイ。
寄せるまではまあ何とか寄せたんだが、そこからとにかく浮いて来ない。
しかも底に張り付いて動かないわけではなく、それなりに左右に動きやがるので、エイじゃないのかも?なんて思ってしまい、ラインやロッドの限界を超えないよう、時間を掛けて浮かせるべく持久戦に突入。

なんだかんだで30分近く掛けて、汗だくになりながらやっとこさ浮かせてみたら・・・やっぱりエイでしたよコンチクショー!orz

アカエイ? そしてデカ過ぎて、なかなか落としダモ(湯泊港のと同サイズの持ち歩き用)に入らないんだコイツが。
タモに収めるのにさえ数分掛かり、引き上げてみたら、網のフレームの直径(確か26inch)よりもデカいので、無理矢理突っ込んだ感がひどいw


うーん、なんつーか、みっしり。
「魍魎の匣」思い出したわ、網了だしw
この辺のエイは、幅70センチだと15キロ位らしい…もうマジで勘弁してくれorz


とまあ、なんかデカいエイと頻繁にやり合っていたので、魚の引きは存分に堪能してるんだが、獲物が無いんですよなー。
そろそろまた湯泊港に戻ってみるか。


あとどうでもいいんだけど、皆さんは家に「Alexa」居ますかー?

ウチはもう3年くらい前からいるんだけど、Amazon で何かを頼むと、配達前に知らせてくれるよね。
通知ありになっていたので、ヨメさんが訊いたんだ。
ヨメ「Alexa~、通知は何~?」
アレクサ「Amazonでお買い物、から通知があります。ペラインを含む荷物が、本日配達される予定です。」 
ヨメ「…ペライン? ペラインって何? 何か頼んだ?」
長女「何も頼んでない。…ペライン? って何?」
私「ペライン? ペライン…ペライン…あ、PEだわ、PEラインwww」
ヨメ「ペッ、ペラインwwペラインってwww」
長女「ペラインwwwなんかものすごくバカっぽいwww」

それ以来、PEを頼んだ時の通知が、我が家の密かな楽しみだったりするw
いつになったらAIはちゃんと「PEライン」って言うようになるんでしょうかねーw

みんなもPE注文したら訊いてみてね!
なお「ペライン」でググると、ちゃんとPEが並ぶぞ、少なくとも現時点ではw

前の釣行

日々フエダイ狙ってますぜ
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング