だらけ中・・・



えーと、色々忙しいのと、微妙に戦意喪失気味であまり釣りに行っておらず、書くことが無いす・・・。

まあ、通りすがりにちょっとイカを引っ掛けたりはしてますよ、まあ昼間に釣れるのは良くて200~300グラム程度。
本当にた~まに1キロ近くありそうなのを見かけるものの、そういうのは決まってエギなんてガン無視。ですよねー。

何よりも、マジで今年はイカが少ない。
例年必ずイカが居着いている場所に行っても全くいないことが多いし、湯泊の堤防を歩いていても、足元をイカが泳いで行くのを見かけることがまず無い、大丈夫なのか屋久島。
しょうがないのでルアーを投げてみるものの、釣れてくるのは雑魚四天王、つまり、エソ・ヤガラ・ダツ・オジサンばっかり。

そんな調子なのに加え、妙に細々と忙しかったのと、ずっと晴天ベタ凪が続いて釣れる気がしない&釣れた話も聞かないので、行く気も失せているってなわけですわ・・・ここ数日なんて、時間があっても行ってないもんなー・・・。

取り立てて書くと、うーん・・・無いな、何もw


しょうがないのでアタマに来たことを書くと、車のタイヤがパンクした・・・しかも1日に朝・夕と2回、全然違う場所で、違うタイヤがだ。
普通パンクなんて年に1回するかしないかだろ、仮に年に1回するとしても、同じ日に2回する確率なんて10万分の1以下なんだけどな!?
更に、リビングの子供用の一体型PCがぶっ壊れた・・・まあ古かったし症状は明らかにMBなので、HDDだけ取り出して廃棄にして、眠らせてあった Core i7 4500U のラップトップを引っ張り出し、27インチのモニタを買って環境を構築し直した、当面はこれで十分だろ。
・・・まあとにかく余計な手間だったorz

石鯛釣り師の帰った後 もうひとつ、今年も嫌な連中が来る季節がやってきて、早速ムカついた・・・何がって? イシダイ釣り師だよ!

何がムカつくって、あいつら堤防・磯を問わず、高確率で釣り場をメチャクチャに汚していくんだよ、ウニ殻とかきれいに掃除して帰れよバカタレが!
直後はグチャグチャだし、一度乾いても雨が降るとまたグチャグチャ、踏むと靴が臭くなるわで、マジで足の踏み場が無い!

あとピトン打つのはともかく、また来るからと穴にボルト刺していくなバカタレめ、堤防で子供が躓いて転んでたぞ!

連中は11月から春先までしか来ないが、その間は結構な確率で堤防がエサのウニ殻等でグチャグチャになっていて、足の踏み場に困る上、臭くてかなわん!

しかも釣り時間が長いせいか、食い物その他のゴミも散らかしていく割合が高く、とにかく迷惑極まりない、マジで来ないで欲しい・・・全員ではないのだろうが、酷く汚すのがこの時期にやって来る石鯛釣り師で、その期間が飛び抜けて汚い、ということには間違いないんだよ!
酷いのにかると、ウニとかが入っていた発泡スチロールの箱を、堤防に丸ごといくつも置いていくキチガイまで居やがる!(もちろん他のゴミも一緒にな!)

奴らのマナーをどうにかするか、それが無理なら来ないようにする方法はないものか・・・。
マナーを置いといたとしても、長時間釣り場を占領しやがるもんで、地元の人間が竿を出せなくなり、いいことなんて1つも無いんだよ・・・せめて釣り場を汚さずに帰りやがれ!


あとは、そうそう、Jetsetter 71s での飛距離について、改めてちゃんと試してみた。

  • 場所:栗生海水浴場の埠頭から北方面(海水浴場の浜に対して並行にキャスト)
  • 風向・風速:北・無風~微風(僅かな向かい風)
  • ライン:8本撚りPE1.2号・リーダーフロロ6号1.5メートル位(リーダーの結束部はガイドを通さない)
  • 計測方法:ジグを投げ、着水後フリーフォールで着底を待ち、着底後に糸フケを取り、ラインが張った時点からただ巻きで巻き数をカウントし、リールの巻取り量(91cm/1巻)から換算
  • 使用ジグ:ソアレ TGエース 30g / ジグパラTG 40g
  • 備考:最近ダルかったので、しばらくPEにもガイドにもシリコンスプレーはしていない、あと指先をPEで切らないように&肘への負担を考慮して、力加減は7割~8割程度(フルで振ったら絶対に指先切れる)
  • 追記:満潮近くで足場は海面から1メートル程度&着水する辺りの水深はたぶん5メートル程度かそれ以下と思われる


まず垂らしの長さやフォーム、体重移動のタイミング等を変えつつ、一番飛距離が出るパターンを探る、ついでに投射角がなるべく40度になるようにちょっと練習。

で、まあ結論から書くと。

40グラムのジグの場合:
一番飛んだ時で130巻き、約118メートル。平均すると119巻き、約108メートル。

30グラムのジグの場合:
一番飛んだ時で112巻き、約102メートル。平均すると108巻き、約98メートル。
ちょっと40グラムの時のバラつきが大きかったが、これは要練習なんだろうな。
なお130巻きは練習の1投目で出てしまい、その後はどうやっても126巻き止まりだったので、ラインが濡れていなかったのが奏功したものと思われる。

そんなわけで、30グラムで100メートル、40グラムなら110メートルは射程距離。(僅かながら向かい風だったし)
シリコンスプレーすれば120メートルも射程に入ってくると思うし、PEを1号に落とせば、確実にもっと飛ぶだろう。

あと7ftという長さだが、これがもの凄く取り回しがし易くて、もう癖になりそうである。
それでこれだけ飛ぶのなら、余程足場等が厄介でない限りは、ロングロッド要らないんじゃないのかコレ・・・。


とまあ、とにかくだらけ中っす。

前の釣行

最近の云々
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング